世界のコーヒーと神田名物「のりトースト」が味わえる昭和レトロな喫茶店

ぐるなび / 2014年12月22日 17時10分

12月18日放送の「なないろ日和!」(テレビ東京系、毎週月~木曜午前9時28分)、「なないろリサーチ」のコーナーでは「東京・昭和レトロ喫茶 名店巡りツアー」と題し、お笑いタレントのドロンズ石本さん、コラムニストの堀井憲一郎さんが「エース」(東京都千代田区)を訪れた。

東京・神田にある同店は清水さん兄弟が営む創業43年の喫茶店だ。店内には昔ながらのグッズも置かれており、昭和レトロな雰囲気を楽しめる。同店でいただけるコーヒーは40種類もあり、世界各地から取り寄せているという。2人は開店当時から使用しているというサイフォンで入れた「ブレンドコーヒー」を味わった。さらに堀井さんは神田名物だという「のりトースト」を注文。しょう油を適量かけた食パンにのりを挟んで焼き上げた一品で、店主が母に作ってもらったのり弁を参考に誕生したメニューだという。

石本さんは「のりトースト」を食べると「何この香り!? のりだ! すごいのりの香りとパンの風味で合いますね。しょう油の香ばしさも良いですね」と驚きつつも昭和から続く味を堪能した。


※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング