京都のおばんざいを手巻き寿司で味わえる! 見た目も美しく、女性に人気の「手織り寿し」

ぐるなび / 2014年12月24日 16時10分

12月20日放送の「ぶらり途中下車の旅」(日本テレビ系、毎週土曜午前9時25分)で、「年末!京都2時間SP 嵐電・京阪電車の旅」と題し、タレントのなぎら健壱さんが「AWOMB(アウーム)」(京都府京都市)を訪れた。
 
京都のおばんざいを寿司にして食べられるという同店。なぎらさんは「手織り寿し」を注文すると、粟麩やカレー味のマッシュポテト、白菜の煮浸しなど少量ずつ20品目以上の品がプレートにのって運ばれた。同メニューは自分で具材とご飯を海苔で巻いて手巻き寿司のようにして食べるスタイル。おばんざいの食材はすべて京都産のものを使用しており、一品一品手仕事で織り成す料理のため「手織り寿し」と名付けたという。見た目の美しさや、上品な味付けは、女性に人気だ。

 なぎらさんはかつお菜と松茸を巻き、食すと「うん。お寿司です。松茸が甘いから太巻きみたいな味にもなっている。これはなかなか。おいしいですよ」と楽しげにコメントした。


※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

宴会・グルメ情報検索サイト

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング