ミスターちんらが東京・亀戸の商店街にある人気店で発酵料理を賞味

ぐるなび / 2014年12月25日 17時10分

12月22日に放送の「別冊主治医が見つかる診療所 健康スイッチ」(テレビ東京系、毎週月~金曜午後5時20分)、「名医の健康ツアー」のコーナーでは、漢方専門医の丁宗鐵さんとタレントのミスターちんさんが「発酵文化応援団」(東京都江東区)を訪れた。

 同店は、亀戸香取勝運商店街の中にあり、さまざまな発酵料理で人気を集める。店主のおすすめは、シメサバ、赤カブの酢漬け、甘キュウリのみそ添えが盛られた「発酵前菜3種盛り」(500円 税込み)だ。ほかにサケのホイル焼き、特製ピクルス、特製ソースで食べるスティック野菜が盛られた「発酵プレート」(1200円 税込み)もある。

 シメサバを食したミスターちんさんは「おいしいです。甘みがある」とコメントした。丁さんは納豆(日本)、クリームチーズ(アメリカ)、キムチ(韓国)を和(あ)えたトリプル発酵の「3国発酵和え」(500円 税込み)を注文。丁さんは「こういうのは好きですよ。自分でも作る。ぜいたくな食べ物だ」と評した。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング