オレ臭いかな…そんな時はセルフチェックだ!

&GP / 2018年6月25日 6時30分

写真

オレ臭いかな…そんな時はセルフチェックだ!

体臭や加齢臭だけでなく、制汗剤や柔軟剤の強すぎる香りも周囲に不快感を与えるもの。「スメルハラスメント」という言葉も生まれるほど、もはや「におい」は社会問題。そんな時代は、自分のにおいチェックは身だしなみの一部です! タニタから7月1日に発売されるにおいチェッカー「ES-100」(予想実勢価格:1万3800円前後)は、11段階でにおいのレベルを表示するから、一目瞭然!

「においチェッカー」は、タニタの「エチケットチェッカー」シリーズの最新作。アルコールチェックが行える「アルコールチェッカー」のほか、口臭をはかる「ブレスチェッカー」は250万台の販売実績を誇る人気シリーズだ。

においの原因となる物質のうち、汗に含まれる成分を代表的な「におい物質」として選定し、数値化。0から10までの11段階で判定される。レベル5を超えると「においケア」が必要なデオドラントサイン! しかも代表的な体臭である「加齢臭」「疲労臭」「汗臭」だけでなく、香水や芳香剤などのにおいの強さにも反応するので、総合的に判断できるのだ。

約幅94mm、 高さ52mm、奥行25mmで、質量は約60gとポケットサイズなので、気になった時にいつでもチェックできるのがうれしい! 商談や接客、デートの前などは、自分のにおいのセルフチェックで、“爽やかな人”を演出しよう!

>> タニタ「においチェッカー ES-100」

 

(文/&GP編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング