見守りカメラからも発信できるなら利用シーンが広がります

&GP / 2018年7月21日 11時0分

写真

見守りカメラからも発信できるなら利用シーンが広がります

ペットや子どもの様子をいつでもスマホで確認でき、双方向に会話可能なセキュリティカメラ「SVP720」(8140円~ 7月21日現在)が、クラウドファウンディングサイト・Makuakeにて先行販売中。このセキュリティカメラ、見守る範囲は360度? いえいえ、720度死角なしです!

「SVP720」は水平方向に360度、垂直方向に360度、合わせて720度の範囲を鮮明に映してくれるセキュリティカメラ。天井などの高い位置に設置すれば、ペットや子供の見守りカメラとしてだけでなく、本格的なセキュリティカメラとしても大活躍。機能も充実しているので、ライフスタイルに応じてさまざまに活用できそうですね。

スマホと双方向で通話ができるこの「SVP720」、通話料はどちらからでも無料で(インターネット通信料は別途費用が発生します)発信でき、いつでも気軽に通話が楽しめます。留守番をしている子どもや遠くに住む両親に話しかけたり、出張や単身赴任で家族と離れているときも家族の団欒に参加したり、なんてことも。さらにVRモードを使用すれば、その場にいるような臨場感を体感できます。

 

赤外線カメラで暗闇でも視認性が高く、赤ちゃんを一人で寝かせている寝室の見守りや、夜間の玄関先などもしっかり監視します。また物音や光、物体の動きをセンサーが察知して自動でスマホに知らせるアラーム機能がついており、女性の一人暮らしや旅行などで家を留守にする時、または終業後のオフィスなど、防犯対策にも活用できます。

夜間の学校や会社など、部屋数の多い場所で複数の部屋に設置してもスマホで一括して無制限に管理・確認ができ、別売りのSDカードを挿せば映像の録画も可能。これでセキュリティ対策もバッチリですね。7月21日現在、「SVP720」1台を8140円から支援を受付中。他にも2台セットのコースなども用意されています。

>> Makuake 「SVP720」

 

(文/&GP編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング