綱引き専用シューズならではの機能性を継承する色鮮やかなオニツカタイガー

&GP / 2018年8月5日 8時0分

写真

綱引き専用シューズならではの機能性を継承する色鮮やかなオニツカタイガー

日本が世界に誇るスポーツファッションブランド オニツカタイガーと、イタリア人デザイナー ANDREA POMPILIO(アンドレア・ポンピリオ)とのコラボレーションラインから、「TSUNAHIKI AP(ツナヒキ AP)」が発売されました。

“ツナヒキって、あの綱引き? ”って思う方もいるかと思いますが、そうです! あの綱引きのことです!

1981年に第一回全日本綱引選手権が開催され、翌’82年に登場したのが綱引き競技専用シューズの初代モデル「ツナヒキ82」。正に綱引きシューズ界のパイオニアです!

本作では、その綱引き競技専用シューズをベースにしつつも、デザインや素材をアレンジし、競技用シューズからライフスタイル用シューズとして昇華させています!

 

■綱引き専用シューズがベースなんて目からウロコ!

アッパーはナイロンと人工皮革で構成。スマートなトウ周りはスピード感のあるフォルムになっています。

足元に力が入るように、アウトソールのラバーが巻き上げられたり、横幅が広く確保されていたりと、綱引き用シューズならではのユニークなディテールは、しっかりとこのモデルへと踏襲されています。

巻き上げられているラバーソールはヒール部分まで繋がっているので、かかとが斜めに接地してもしっかりとグリップが効きます。この、日常生活では必要無いオーバースペックっぷりに、むしろ惹かれちゃいます♡

インソールにはオニツカタイガーとANDREA POMPILIOのコラボレーションの証ともいえるダブルネームのタグが。

*  *  *

綱引き専用シューズの特徴的なディテールを継承しつつもスタイリッシュに仕上げてしまうなんて、サスガはオニツカタイガー! 目の付けどころが違い過ぎます!

普段、綱引きとは無縁なワタクシも、そのオーバースペックなところに心が惹かれちゃってます♡

オニツカタイガー
「TSUNAHIKI AP」(9720円)

>> オニツカタイガー

 

(取材・文/本間 新)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング