信長?正宗?それとも竜馬?英雄の刀のハサミ、その切れ味やいかに

&GP / 2018年8月22日 20時0分

写真

信長?正宗?それとも竜馬?英雄の刀のハサミ、その切れ味やいかに

最近ではゲーム『刀剣乱舞』からはじまった刀剣女子ブームなどの影響もあり、新たな角度からも注目度が高まっている日本刀の世界。

今回ご紹介するのは、実際に数多くの名刀を鍛造してきた歴史を持つ、刃物の町・岐阜県関市の職人の手によるユニークな「日本刀ハサミ」。ホンモノの真剣を持ち歩くのは難しいですが、名刀をオマージュしたハサミならいつでも身近に置いておけますよね。もちろん切れ味もバツグンです。

クラウドファンディングサイト・未来ショッピングにて予約受付中の、ニッケン刃物「日本刀はさみ」シリーズ。歴史上の英雄たちの愛した名刀をモチーフとした4種類と、和室風のディスプレイがラインアップしています。

▲日本刀はさみ織田信長(へし切長谷部)モデル/掛け台付き(4000円)

▲日本刀はさみ伊達政宗(燭台切光忠)モデル/掛け台付き(4000円)

刀の柄にあたる持ち手の部分は柄巻きの模様を再現し、ハサミとしては不要ですが、もちろん鍔も付属。刃は日本刀らしい反りを描きます。下げ緒の付いたデザインの鞘と、掛け台も付属し、持ち運びや飾るのにも便利。

▲日本刀はさみ坂本龍馬(陸奥守吉行)モデル/掛け台付き(4000円)

このうち徳川家康モデルは、持ち手と鞘には越前塗り(本漆手塗り)が、刃体にはこれぞ日本刀という溝と刃紋があしらわれ、さらに豪華桐箱入りという別格のプレミアムモデル。

▲日本刀はさみ徳川家康(鯰尾藤四郎)モデル/越前本漆仕上げ、桐箱入り(1万5000円)

▲日本刀はさみ専用和室キット(1万2500円 ※日本刀ハサミは別売り)

いずれも斬る時にはまさに真剣勝負な緊張感が漂いそうな日本刀ハサミ。歴女の方や外国の方への贈り物としても喜ばれそうです。

>> 未来ショッピング「日本刀はさみ名刀シリーズ」

 

(文/&GP編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング