どう使う?力仕事をサポートするアシストスーツが2万円台!

&GP / 2018年9月13日 7時30分

写真

どう使う?力仕事をサポートするアシストスーツが2万円台!

“アシストスーツ” “パワードスーツ”と聞いて、思い浮かべるのはどんなモノでしょうか。イカついメカや仰々しい人工筋肉をまとって巨大な瓦礫をヒョイと持ち上げる…。そんなSF的発想も楽しいけれど、時は21世紀、じつはパワードスーツは私たちの想像をはるかに超えて身近な存在になっています。

例えばユーピーアールが開発した「SUPPORT JACKET Bb+FIT」(2万5000円〜/税別)。力仕事はもとより軽作業中の負担まで軽減できるこのスーツ、お値段なんと2万円台からです!

 

職場で発生する病気やケガのうち、全体のじつに約60%を占めるのが腰痛だそう。その事実に着目したのが、もともとパレットなどの輸送機器の販売やレンタルを手掛けてきたユーピーアール。業界に携わる人たちの身体的な負担を軽減すべく、2010年にアシストスーツ事業をスタートし、やがて金沢大学、山本寛斎事務所との共同研究の成果として誕生したのが、今回の「SUPPORT JACKET Bb+FIT」です。

ポイントは、ヒトの背骨と同じアーチを持ち、適度な可動性で椎間板の圧力増加を制御する“Bb+”なるボーン機構。このBb+をジャケット背面に装着することで、背骨と腰を理想的な姿勢へと導き、長時間の作業でも負担の少ない姿勢と角度をキープできるようになっています。

これに加えて、腰ベルトにより頚椎への負担を軽減する「ランバーサポート機能」、パワーベルトによる筋力補助が疲労と負担を軽減させる「マッスル機能」を搭載。荷物の上げ下ろしなどの労働はもちろん、長時間の立ち仕事や中腰での軽作業にも画期的な効果をもたらします。

これら機能もさることながら、惚れ惚れしてしまうのはこの立ち姿のカッコよさ! 近未来的でスタイリッシュなデザインは、ちょっと身につけてみたくなります。しかも2万円台という驚きの低価格。Bb+を外せば洗濯機で丸洗いできるというケアの容易さもうれしい。

物流から製造業、建設業、農業・漁業、さらにはサービス業など様々な分野で、作業環境改善や人手不足解消に役立ちそうなアイテムです。9月10日より受注開始、初回出荷は10月下旬を予定しています。

>> ユーピーアール株式会社 アシストスーツ事業部

 

(文/&GP編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング