名刺サイズのType-Cハブを持ち歩いて端子足りない問題を解決しよう

&GP / 2018年9月17日 11時0分

写真

名刺サイズのType-Cハブを持ち歩いて端子足りない問題を解決しよう

ノートPCのポート不足を補ってくれるUSBハブは、サイズやポート数だけでなくLANポートの有無も選択時の重要なポイントになりました。サンワサプライより発売中の「LANポート付きUSB Type-Cハブ USB-3TCH10BK」(7344円)は、USBハブに望まれているスペックをほぼすべて備えています。

「LANポート付きUSB Type-Cハブ」の本体サイズは9cm×6cm×厚さ1.6cm、重さは約56.9gで、ポケットに入れて持ち運べるコンパクトな名刺サイズ。ノートPCのデフォルト入力端子であるType-Cコネクタを搭載し、USB 3.1 Gen1(USB 3.0)ポートを3口、LANポートを1口備えています。

LAN及びUSBはともにギガビット(5Gbps)対応で、有線LAN接続ならではの高速かつ安定した通信が可能です。USB給電のバスパワーでコンセントへの接続は不要。接続ケーブルもハブ本体に巻き取って収納できるのでスッキリとまとめられます。

普段からノートPCを持ち歩き、自宅と職場の両方で使われているという方には最適といえそうなUSBハブ。windowsPCとMacシリーズの両対応と、使い勝手も抜群です。

>> サンワサプライ「LANポート付きUSB Type-Cハブ」

 

(文/&GP編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング