アイデア出しに最適な付箋は小さなアイデアが満載です

&GP / 2018年9月20日 11時30分

写真

アイデア出しに最適な付箋は小さなアイデアが満載です

メモ帳やTo Doリスト、学習などに使えるのはもちろん、複数のアイデアを自由に入れ替えたり組み合わせたりできる付箋(ふせん)。ぺんてるから登場した「くみかえノート」(1800円/税別)は、このアイデアの創発に目的を絞ってデザインされたアイテムです。

オレンジ色を中心に9マスに並んだ付箋は、アイデアの “拡散” と “収束” を手助けしてくれるうえ、専用のiPhoneアプリで撮影すれば、アプリ画面上で付箋をドラッグして移動・編集することも可能なデジタルツールに変身します。

「くみかえノート」は、共創型戦略デザインファームbiotopeの佐宗邦威氏と東海大学の富田誠教授が「デザイン思考」に基づいて共同開発した、アイデア出しミーティングやアイデア共有の現場での使用に特化したスマート文具です。

オレンジ色の付箋を8マスの白い付箋が取り囲む独特なつくりは、たとえば、中心のオレンジの付箋にテーマを記して周りの8マスに連想するアイデアを書き出したり、反対に、さまざまなアイデアの断片を周辺の8マスに書き出してから中央の付箋にまとめるといった使い方ができます。

ホワイトボードや模造紙などにペタペタと貼りつけていけるのも付箋の使いやすい点。「くみかえノート」は、付箋下辺の絶妙なカーブのついた “カマボコ型” でめくりやすく、付箋の両脇に糊引きすることでホワイトボードなどに貼り付けた際の “カール” と呼ばれるめくれができないよう工夫されています。

▲専用アプリでさらに使いやすく

さらに、無料の専用iPhoneアプリを使うことで、デジタル変換が可能に! 会議結果を共有するだけでなく、保存したデータの中の個々の付箋をドラッグして移動や編集ができるので、デジタル上でアイデアを整理できます。

また、撮影データをPowerPoint形式で書き出せるので、パソコンとプロジェクターを使ったプレゼンテーションにも便利に使えそうです。

手書きの “創造性” と、デジタルの “利便性” を兼ね備えた「くみかえノート」を使えば、きっとアイデアが次々あふれてくるに違いありません!

>> ぺんてる「くみかえノート」

 

(文/&GP編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング