なにこれ軽っ!13.3インチのノートPCがたったの約698g!【GP FRONTLINE】

&GP / 2018年11月9日 20時0分

写真

なにこれ軽っ!13.3インチのノートPCがたったの約698g!【GP FRONTLINE】

手にすると誰もが思わず「これ本物なの? 展示用のハリボテじゃないの?」と驚くかもしれない。それもそのはず、富士通クライアントコンピューティングの新型ノートPC「LIFEBOOK UX-X/C3」(予想実勢価格25万円前後)は、13.3インチなのに重さがわずか698gしかないのだ。

モバイルノートPCの場合、1kgを切ると「おっ軽い」と感じる人も多いが、それをさらに300gも下回る軽さを実現。しかも、かなりのハイスペックというのだから、まさに驚異的だ。

 

▲Windows 10 Pro搭載の13.3型ノートPC。CPUは最新となる第8世代のCore i7(4コア)、メモリは8GB、ストレージは512GBのSSDなど、ハイスペックを誇る。バッテリー駆動時間は最大約11.5時間

13.3型ワイド液晶搭載のノートPCとしては世界最軽量とのことだが、これより小さい液晶サイズのノートPCでも、700gを切る重さで、かつ実用に足るスペックのモデルを探すのは難しいはずだ。

しかもこの「LIFEBOOK UX-X/C3」、ただ軽いだけではない。内部の基盤をできるかぎり小さくするなど徹底的に軽さを追求しつつも、剛性もしっかり確保。天板側面の肉厚を増したり、開閉時に指を掛ける部分に金属カバーを入れて補強したりと、軽かろう脆かろうではない。持ち歩くことが多いモバイルノートPCでこれは頼もしいかぎりだ。

▲外に持ち出すのも苦にならない! 13.3インチだからキーボードのサイズも十分で打ちやすい

500mlのペットボトルより少しだけ重く、1冊約350gの『GoodsPress』ちょうど2冊分ほどの重さ。これなら通勤用のバッグに入れても苦にならず、むしろ雑誌感覚で持ち歩ける。サイズが大きい分、金属製のタブレットより軽く感じるかもしれないこのPC、とにかく軽いモノを探しているなら、間違いなく大本命になるはずだ。

▼音もいい!

底面前方の左右にはBOXスピーカ ーを備える。本体が反り上がった斜面部分から音が出るようになっているので、音がこもらず前方に広がる。

▼ビジネスに嬉しい充実の端子類

多彩な端子を左右側面に配置。有線LANポートやHDMI出力といったビジネスシーンで活躍する端子以外にも、 USBの最新規格であるType-C(Gen2)やSDカードスロットなど、モバイルノートPCでは珍しく豊富な端子類を備える。

▲本体右側にはSDカードのスロット、USB3.0、Type-A、有線LANを装備

▲本体左側にはUSB3.1(Gen1)Type-C、HDMI出力、USB3.0 Type-A、ヘッドホン端子を備える

 

>> 富士通「LIFEBOOK UHシリーズ」

本記事の内容はGoodsPress12月号11ページに掲載されています

(取材・文/柚木 朔太郎 写真/湯浅立志<Y2>)

&GP(アンドジーピー)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング