バックアップまで可能な究極のほったらかし充電器

&GP / 2019年5月17日 6時30分

写真

バックアップまで可能な究極のほったらかし充電器

毎日肌身離すことなく愛用しているスマートフォン。それだけに、どうしても避けられないのが水没や落下などによる物理的な破損です。端末買い替えという想定外の出費も痛いけど、それ以上にダメージが大きいのが大事にしていたデータの消失。

もっとこまめにバックアップを取っておけばよかったと泣く前に、強くお勧めしたいのが「サンディスク iXpandワイヤレスチャージャー」(オープン価格)。発売は2019年7月下旬以降を予定しています。

「iXpandワイヤレスチャージャー」は、ポンと置くだけでデータバックアップと充電が同時にできるバッテリーチャージャー。要するにQi対応のワイヤレス充電器にバックアップ用メモリーを搭載しているのですが、なんといってもうれしいのは、スマホを置いたらあとはほったらかしたままでOKという手軽さ。

ケーブルの抜き差しもアプリを立ち上げての操作も無用、夜寝る前にポンと置いておくだけで、翌朝には充電もデータバックアップも完了、これならまさかのトラブルにも手間なく備えられます。

搭載メモリは256Gバイトと大容量。しかもバックアップ先には複数アカウントを設定できるから、ユーザーおのおのがパスワードを設定して使い分ければ、家族での共用も可能です。また専用アプリを使い、バックアップ済みファイルをスマホ本体から順次削除するようにすれば、本体側の容量不足の問題も解消できます。

充電機能に目を向ければ、時間がないときでもスピーディに充電できる10Wの急速充電に対応、過充電を防ぐ安全装置もしっかり搭載。

本体サイズは約10cm×20cmで厚さは2cmほど、重さは約200gで、ケーブル長約180cmのACアダプターが付属します。

>> サンディスク「iXPAND ワイヤレスチャージャー」

 

(文/&GP編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング