コンセントに挿すだけでメッシュWi-Fiを手軽に拡張できますよ

&GP / 2019年5月30日 21時0分

写真

コンセントに挿すだけでメッシュWi-Fiを手軽に拡張できますよ

ストレス無用のネット環境を簡単に構築することができる「メッシュWi-Fi」は、次世代のスタンダードWi-Fi接続方式として現在大きな注目を集めています。もし自宅や職場のWi-Fi接続に不満を感じているなら、最新の無線LAN中継機器でメッシュWi-Fi環境を構築する手がありますよ!

5月30日からの販売開始が予定されているTP-Link(ティーピーリンク)の「AC1200メッシュWi-Fi無線LAN中継器 RE300」(市場想定価格:3780円前後)は、インターネット環境を手軽にメッシュWi-Fi環境に改善してくれる “OneMesh” を搭載した無線LAN中継器です。

ざっくり説明すると、この「RE300」自体が “既存の無線LANルーターのコピー”となる=Wi-Fi電波の発信元そのものが増設されることで、Wi-Fi接続環境が劇的に向上する…という仕組みになります。

現在使用中の家庭用無線LANルーターをそのまま接続できる高い互換性を備えており、屋内の隅々までシームレスで電波が届くメッシュWi-Fi環境を構築。

867Mbps(5GHz)と300Mbps(2.4GHz)のデュアルバンド接続と、最新技術APS(Adaptive Path Selection)により、Wi-Fi電波を受信する機器への高速かつ安定した接続を実現します。

本体のシグナルインジケーターで、Wi-Fi電波を最も効率よく発信できる設置場所を探すことができ、また既存の無線LANルーターとの接続も、既存ルーターと「RE300」それぞれのWPSボタンをPUSHするだけと非常に簡単。さらに各ルーターの初期設定、Wi-Fi機器の名前やパスワード設定などを一括管理できる専用スマホアプリ・Tetherも用意されています。

本体サイズは124mm×69mm×52mmで、重さは180gとコンパクト。電源はコンセントからの給電です。簡単に接続できて、電波の届かない「Wi-Fiの死角」もあっという間に解消。

リーズナブルな価格も魅力的な無線LAN中継器で、ギガ不足&接続切れとは無縁の快適スマホライフが実現できそうですね。

>> TP-Link

 

(文/&GP編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング