怪しい電話を撮り逃さない防犯に使えるボイスレコーダー

&GP / 2019年6月8日 15時0分

写真

怪しい電話を撮り逃さない防犯に使えるボイスレコーダー

一向に絶えることのない電話による詐欺被害。これらの証拠確保や防犯にボイスレコーダーが有効ということも知られてきています。この度、MEDIKから電話機録音対応型ボイスレコーダー「VR-TEL800」(7480円〜 6月8日現在)が発売されることになりました。クラウドファンディング・Makuakeにて、プロジェクト支援受付中ですです。

オレオレ詐欺と言われる電話詐欺も、近年は手口が巧妙化していることもあり、被害が減るどころか増える一方。そんな時のために個人でできる防犯対策のひとつが通話内容の録音です。

受話器用の通話録音キットも販売されていますが、電話線にアタッチメントをつけたり、受話器のケーブルを分配することで録音するものですが、ハウリングなどの発生で相手に録音していることがバレてしまったり、固定電話にしか使用できなかったりなど、不便な面もありました。

「VR-TEL800」は電話機自体に配線やアタッチメント装着の必要がない、スティック型のボイスレコーダーです。付属のイヤホン型マイクをレコーダーに接続し、マイクを耳に入れてそのまま通話するだけで、自分の声と相手の声をしっかり録音できます。電話機に配線するものではないので、ハウリングの発生もなく、相手に悟られずにクリアな音声を録音してくれます。

もちろん普通のボイスレコーダーとしても使用可能。リニアPCM録音に対応しているので、圧縮することなく音声をそのままメモリに収録します。とはいえ、音質を下げてもメモリ容量の消費を抑えたい場合もありますよね。そんな時のために、状況や用途に合わせて録音品質が変更できるので、あらゆる場面で活躍してくれます。

マイク感度も音源の状況にあわせて設定可能。録音をスタートしても、マイクに音声が入力されない場合は自動的に一時停止状態になる音声感知録音でメモリの無駄遣いも防いでくれます。

また、録音したい状況がいつ訪れても対応できるよう、電源オフの状態からでも録音ボタンを2秒長押しするだけですぐに録音できるワンタッチ録音機能も搭載。電源を入れて液晶を確認して録音ボタンを押す、という一連の流れがたった2秒ですぐに録音できるのはウレシイですね。

発売日は6月28日。6月8日現在、Makuakeにて1台7480円から支援受付中です。

>> Makuake「VR-TEL800」

 

(文/&GP編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング