普通のトートと思いきや、実は保冷バッグがインしてます!

&GP / 2019年7月18日 15時0分

写真

普通のトートと思いきや、実は保冷バッグがインしてます!

今年は梅雨が長引き、冷夏だといわれていますが、やっぱりこれからの季節に欠かせないのが冷たい飲み物。買い物に出掛ければついつい買ってしまうビールやジュース、それからアイスクリームなどを持ち運ぶとき、皆さんはどうしていますか。

トートバックの中に取り出せるクーラーバッグがセットされていたら…。そんな便利を形にした新しいタイプのトートバッグです。

ひとつのバッグでふたつを使い分けられる「クーラーバッグ イン バッグ」(3900円/税別)は、荷物をたくさん収納したい、冷たいものは冷たいまま運びたい、その両方を実現できます。

実は中にクーラーバッグがセットされていて、バッグひとつで出掛けても、買い物が終わったら冷やすものと冷やさなくていいものを分けて収納できます。わざわざ重たいクーラーボックス用意しなくても、スマートに持ち運びできる便利なトートバッグなんです。

普段の買い物以上に荷物が増えてしまうのが、BBQの買い出し。ビールにジュース、肉や魚はクーラーバッグにまとめて収納。野菜やお菓子、キッチンペーパーや紙コップなど、そのまま持ち運べるものはトートバッグに詰め替えて出かけましょう。

水分が欠かせない子どもの部活の応援時にも「クーラーバッグ イン バッグ」は大活躍。簡易テントにも使われている丈夫で水に強いターポリン生地を使用してるので、ユニフォームや水着、濡れたタオルなどをトートバッグに入れて持ち帰っても、サッと拭くだけOK。汚れを気にせずガンガン使える、タフで頼れるバッグなんです。

本体サイズはW420×D230×H630mm、重量は1.1kg。レッド、ピンク、ブルー、グリーン、ホワイトの5色展開。夏はもちろん、1年を通して使える買い物に便利なバッグです。

>> スパイス「クーラーバッグ イン バッグ」

 

(文/&GP編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング