ナイスアイデア!先月でも来月の予定でも、ひと目で確認できるぞ

&GP / 2019年7月27日 23時0分

写真

ナイスアイデア!先月でも来月の予定でも、ひと目で確認できるぞ

日めくりや月めくりタイプのカレンダーは、先の予定に思いを巡らせることは容易くできても、過ぎ去った月日に書き込んでいた予定等を振り返るのは不向きな仕様ですよね。

ならば、過去のカレンダーを丸めて保存できるようにしたら、いつでも見られて便利じゃない? この発想を現実のものにした、評判のカレンダーがあるんです。

MetaMoJi(メタモジ)社が9月27日より販売を開始する「ロールカレンダー2020」(3888円)は、カレンダーを巻物のように巻いたり伸ばしたりして、表示期間を約1カ月〜6カ月の間で自由に設定できます。

当月を中心に前月翌月を表示させたり、当月を基準に数カ月先だけor数カ月前だけを表示させたりと、使用状況に応じた表示が可能。月を跨いだ連続スケジュールも、シームレスで見やすく確認できるので大変便利です。

カレンダー用紙の素材には欧文印刷社の「消せる紙印刷」を使用しており、市販のホワイトボードマーカーで自由に消し書きできるのも見逃せないポイント。スケジュールを消さずに残しておけば、後日になってからの急な振り返り時でも内容の確認がスムーズに行えます。

カレンダーを巻くポールには、巻き上げているカレンダーがズレ落ちしにくくなるストッパーが備わり、またホワイトボードマーカーを収納するのに便利なペン入れも搭載。月の替わり目が一目でわかる太いラインや、カレンダーとは独立した曜日表示など、随所に使いやすさを向上させる工夫と配慮が施されています。

仕様は壁掛けタイプで、サイズは左右約50cm×縦幅約60〜180cm×奥行約4cm、重さは約530gです。2020年のスケジュール管理が大いに捗りそうな巻物型カレンダー。職場だけでなく、自宅にも備えてみてはいかがでしょうか。

>> MetaMoJi

 

(文/&GP編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング