日本人用に開発されたNBのランニングシューズで自己記録を更新しよう!

&GP / 2019年7月31日 6時30分

写真

日本人用に開発されたNBのランニングシューズで自己記録を更新しよう!

アメリカ生まれのニューバランスが、初めて日本人に特化したランニングシューズを手がけたのは1995年。それから進化を続け、昨年の「NB HANZO U」に続いてアップデートした新モデル「NB HANZO U V2」が登場しました。

改良したミッドソールで軽さと反発性がアップし、補強素材が踵をしっかり支えて安定感もアップ。アッパーに採用したエンジニアードメッシュで通気性もバツグンです。

▲「NB HANZO U M B2(BLACK/RED)」

これまでニューバランスは、1995年の「M600」以来、日本人のためのランニングシューズを開発し、進化を続けてきました。

2010年にはニューバランス史上、もっとも多くのランナーに支持された長距離用ランニングシューズ「1040」シリーズの初代版が登場。それから年々改良を重ね、2018年の後継モデルは、日本とアメリカの共同開発により生まれたアパレルコレクション「NB HANZO」シリーズに仲間入りし、「NB HANZO U」と名前を変えてリリースされました。そして今回、そのアップデートモデル「NB HANZO U V2」が誕生となったのです。

▲「NB HANZO U Y2(YELLOW/BLACK)」

この新モデルは、フルマラソンやウルトラマラソンなどの超長距離レースなどの完走を目指すランナー向け。何万回と繰り返される衝撃に耐えるタフさを備えています。
注目は、前モデル「NB HANZO U」にも採用した「REVLITEミッドソール」を改良した点です。これにより、軽さと反発性がアップし、ランナーの足をさらに力強く押し出します。

▲「NB HANZO U W G2(REEF/BLACK)」

また、踵の外側に搭載した大型の補強素材 “ASYM COUNTER” は、内側の形を大きくすることで踵をホールドしてグラつかせず、安定感もアップしています。
アッパーには通気穴が大きなエンジニアードメッシュを使い、通気性もバツグン。長い距離を走り続けても快適です。

▲「NB HANZO U W B2(BLACK/PINK)」

メンズの「NB HANZO U M」は、日本人の足に合わせてウィズ(足囲)で選べるようDと2E、4Eを用意し、カラーはY2(YELLOW/BLACK)、B2(BLACK/RED)の2色展開。

ウィメンズ「NB HANZO U W」はB、D、2Eのウィズ展開で、カラーはG2(REEF/BLACK)、B2(BLACK/PINK)の2種類。すべて1万3500円(税別)です。

>> ニューバランス

 

(文/&GP編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング