冷風機じゃない!空調メーカー・ダイキンがガチで作った持ち運べるエアコン

&GP / 2019年11月8日 11時30分

写真

冷風機じゃない!空調メーカー・ダイキンがガチで作った持ち運べるエアコン

今や一家に一台あると言っても過言ではないエアコン。夏は涼しく、冬は暖かく、室内で快適に過ごすにはマストアイテムです。ただ、洗面所やキッチンなど、エアコンの風が届かない場所や、庭やガレージで作業していたりすると、夏場はどうしても汗をかいてしまうし、冬場だって熱が篭ってジメジメすることも。

少しでも、心地よい風があったらなあ…。そんな願いを叶えてくれるエアコンが登場しました。

空調メーカー・ダイキンの新たなチャレンジとして、クラウドファンディング・Makuakeにてポータブルエアコン「Carrime(キャリミー)」(5万2800円〜 11月8日現在)が登場。2020年6月発売に向けたプロジェクトを実施中です。

 

ちょっとした快適が欲しいときの「Carrime(キャリミー)」は、ダイキンの技術を集結した「持ち運びできるエアコン」。洗面所やキッチン、ガレージなど、季節を問わず熱がこもりやすい場所などにも、涼しく快適な風を届けます。

特徴は、女性ひとりでも持ち運べるスリムでコンパクトなサイズ感。W190×H400×D190mmで重量は約6kg。高さがある方が冷風を感じやすいことから、縦長のタワー型形状が採用されています。

またこの重さは、料理で使う少し重たい鍋をイメージして設計。重心がぶれないように、中心に手触りのよい革の持ち手がつけられているので、好きな場所へ気軽に持ち運べます。

また、業務用エアコンに搭載されているハニカム整流板を採用し、50cm離れた場所でも、体感温度は周囲温度よりもマイナス7℃を維持し、優しい風を届けます。さらに、状況に合わせて水平方向から上に30度まで風向を変えられる調整弁付き。

清潔感あふれる白を基調としたデザインは、どんなインテリアにもさりげなく溶け込みます。冷たすぎない心地よい涼風。日常生活の中で、ちょっとリフレッシュしたい時に持ち運べるエアコンが活躍しそうです。

11月8日現在、5万2800円から支援受付中です。プロジェクトの支援は12月6日まで、リターンは2020年6月ごろの予定です。

>> Makuake

 

(文/&GP編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング