ホンダワークス“無限”の手で「N-WGN」「インサイト」「CR-V」が個性派に変身

&GP / 2019年11月16日 19時0分

写真

ホンダワークス“無限”の手で「N-WGN」「インサイト」「CR-V」が個性派に変身

NISMO(日産自動車)、TRD(トヨタ)、無限(ホンダ)、STI(スバル)といった、いわゆる自動車メーカー直系のチューニング&カスタマイズ会社による「ワークスチューニンググループ合同試乗会」。

前回、タダモノではない迫力に満ちた「シビック タイプR」をご紹介した無限からは、そのほかに3台のドレスアップカーが持ち込まれました。ベースモデルは、ホンダのベストセラー「N-WGN(エヌ・ワゴン)」と、随一のハンサムセダン「インサイト」、中堅SUVたる「CR-V」です。

■しゃちほこを思わせるパーツが斬新なN-WGN

前回ご紹介したシビック タイプRは、個性的という言葉がマッチする1台でしたが、個性的…といえば、N-WGN用の無限パーツも、独特の魅力を放っています。

開発コンセプトは「我が城、無限N-WGN」。ボディ下部をグルリと囲むエアロパーツセットや、派手なメッキの「フロントスポーツグリル」、高輝度LEDを用いた「エアロイルミネーション」と「フロントアンダースポイラー」などが、無限N-WGNの存在感をいや増します。

そうしたパーツ以上に目を引くのが、ルーフエンドに装着された「アッパーウイング」。“しゃちほこ”を思わせるデザインで、どこか和風の趣。愛車のカスタムに当たって、スッキリとかスタイリッシュなだけでは物足りないクルマ好きに、激しくアピールしそうです。

機能面では、サイドウインドウ上部に取り付けられる「ベンチレーテッド」バイザーが興味深いところ。通常のドアバイザーは、窓を少し下げた状態で使うと、開口部前部から排出された室内の空気が、後半部分で再び室内に逆流する、といったことが起こりがち。

しかし、無限パーツのそれは、フロントバイザー本体下端にゴムブレードを装備することで、逆流を効果的に防ぎます。もちろん、雨水の侵入を防ぐという本来の役割にもプラスに作用。雨天利用時の快適性が大幅にアップします。

■ハイブリッドカーにも無限らしいこだわりをプラス

1.5リッターの“スポーツハイブリッドi-MMD”を搭載し、走りの上質さをアピールするインサイトに、無限パーツはスポーティなこだわりをプラスします。

定番である「フロントグリルガーニッシュ」や「フロントアンダースポイラー」、「リアアンダースポイラー」は、スポーティでいながらクルマの性格に合わせた落ち着いたデザインを採用。トランクリッドの「エアスポイラー」は、翼端部にウエットカーボン素材を用いた凝った作りとしています。

足下は、18インチのアルミホイール「MDA」を装着し、ググッとスポーティなイメージに。ドライカーボンを使った「ミラーカバー」も、ワンポイントでスタイルを引き締めます。

■CR-Vの無限パーツはスポーティだけど都会的

最後にご紹介するのは、CR-V用の無限パーツ。コンセプトは“プレミアム アーバン スポーツ”で、スポーティでいながら、都会的なイメージも忘れていません。上質さと高級感をアップさせる無限の自信作です。

空力パーツとして、「フロントグリルガーニッシュ」や「フロントアンダースポイラー」、「フロントアンダースポイラー」、「リアアンダースポイラー」、そして「アッパーウイング」を設定。基本のフォルムを大切にしながら、スポーティなキャラクターを強調します。

7本スポークにして広いディスク面のデザインが力強い19インチアルミホイール「MDR」は、なんとこのCR-V専用のデザイン! 鏡面切削加工とダークメタリックの組み合わせがクールです。

愛車のCR-Vに無限パーツを満載し、“21世紀のアーバンカウボーイ”を気取りましょう!

(文&写真/ダン・アオキ)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング