ガンダム×北斎!伝統工芸って何でも作れるんだね

&GP / 2019年12月12日 21時0分

写真

ガンダム×北斎!伝統工芸って何でも作れるんだね

国民的アニメの名に相応しく、ジャンルを超越した関連グッズが登場している『機動戦士ガンダム』と、ガンダム以外のアニメファンからも絶大な評価を獲得し、関連グッズも人気を博している『機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)』。

この両者をモチーフにしたすごいNEWアイテムが、バンダイ公式ショッピングサイト・プレミアムバンダイより登場します。

▲「九谷焼 豆皿5枚セット」

その “すごいNEWアイテム” は、日本の伝統や優れた技術を用いたアイテムで人気を集めているDicovery-Gシリーズの第13弾&第14弾。何と「ガンダム」と「ユニコーンガンダム」を絵柄に用いた、加賀の伝統工芸品 “九谷焼”と“漆器(サーモマグアンブレラボトル)”です。

▲「九谷焼 豆皿 ガンダム 桜」

「久谷焼」はガンダムとユニコーンガンダムを、葛飾北斎の「神奈川沖浪裏」凱風快晴」と国花である「桜」で表現した「豆皿(5枚セット)」(6050円)と、現代九谷焼界の鬼才と呼ばれる気鋭の九谷焼作家・北村和義氏が「ガンダム&シャア専用ザク」の雄姿を力強く描いた「7号皿(全1種)」(5940円)がラインナップ。

▲「九谷焼 豆皿 ユニコーンガンダム 凱風快晴」

豆皿は約103mm径×高さ約20mm、7号皿は横約210mm径×高さ24mm(飾り台付き)で、どちらも日常用に使うにはもったいない芸術的な仕上がりとなっています。

「サーモマグアンブレラボトル漆 ガンダム×北斎 神奈川沖浪裏(黒)/サーモマグアンブレラボトル漆 ガンダム×シャア専用ザク 風神雷神(黒)」

「漆器(サーモマグアンブレラボトル漆)」(8580円)は、福岡県鯖江市の伝統工芸品・越前漆器に用いられている漆塗装をステンレススチール製サーモボトルに直接施した珠玉のアイテム。

漆の塗装は下地、中塗、上塗、蒔絵の順に行われ、高度な専門特化技術を持つ株式会社土直漆器(つちなおしっき)の職人たちが手作業で1本ずつ丁寧に仕上げた超本格派。

▲「サーモマグアンブレラボトル漆 ガンダム×北斎 神奈川沖浪裏(朱)/サーモマグアンブレラボトル漆 ガンダム×シャア専用ザク 風神雷神(朱)」

デザインは九谷焼豆皿でも採用されている「ガンダムラストシューティング×北斎 神奈川沖浪裏」と「ガンダム&シャア専用ザク」を「風神雷神」風にデザインした2種類。

黒×金、朱×金の高級感溢れる2色で展開されます。サイズは約55mm径×高さ約233mm、容量は約300ccです。

ガンダムの世界観に和の伝統と雅さが融合したDicovery-Gの最新アイテム。コレクターアイテムのラインナップに加える価値は大いにありそうですね。現在はプレミアムバンダイにて予約を受け付けており、12月21日よりGundam Cafeの各店及び、GUNDAM SQUAREにて発売されます。

>> プレミアムバンダイ「Dicovery-G」

(C)創通・サンライズ

 

(文/&GP編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング