ライトのLED化と運転しやすさを追求したホンダ「Rebel 500」

&GP / 2020年3月4日 7時30分

写真

ライトのLED化と運転しやすさを追求したホンダ「Rebel 500」

タフ&COOLなクルーザーモデルのバイク、ホンダ「Rebel(レブル) 500」(79万9700円)が各部の仕様をアップデートし4月24日より発売となります。灯火器全てをLEDライト化した他、クラッチ、サスペンション等が変更され、より扱いやすさ、乗り心地が向上しています。

▲マットアーマードシルバーメタリック

2017年に発売された「Rebel 500」が各部仕様をさらに充実。全体のイメージは従来通りとなり、フューエルタンクと“くびれ”のあるナロースタイルのボディ、スリムなフレームとワイドサイズのタイヤが、タフ&COOLな存在感。カラーリングも、好評だった従来モデル同様、グラファイトブラックとマットアーマードシルバーメタリックの2色での展開となります。

灯火器類は、ヘッドライト、ウインカー、テールランプ、ライセンスライトの全てをLEDライト化。4眼インナーレンズ式LEDとなったヘッドライトで、現代的でさらにクールな印象のフロントビューを演出しています。

反転液晶メーターには、ギアポジションを表示するインジケーターを追加した他、ウインカーインジケーターを左右独立点滅とするなど視認性がアップ。前後サスペンションも仕様変更され乗り心地が向上。クラッチは新たにアシストスリッパークラッチが採用され、急なエンジンブレーキ時の後輪ホッピングを軽減。クラッチレバーの形状変更、操作荷重の低減により操作性や減速時の安心感もアップしています。

▲グラファイトブラック

重量190kgと軽量で、ホイールベースは1490mmと扱いやすいサイズ感。690mmの低シート高とミドルポジションのステップ位置が様になるライディングポジションを演出。

水冷4ストロークDOHC4バルブ2気筒500ccエンジンは、低回転域から高回転域まで気持ちよく回り、スロットルを大きく開けてもスムーズに吹け上がるエンジンフィール。マフラー音にもこだわり、最適にセッティングされたマフラー内部の構造により、Rebelらしい心地よくCOOLなサウンドを響かせます。

このようにイメージはあくまでタフ&COOLですが、細部にわたり乗り心地・扱いやすさを追求し、さらなる快適さを獲得した一台となっています。

>> Honda「Rebel 500」

 

(文/&GP編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング