ヴィンテージスタイルを現代風に落とし込んだ重厚感あふれる機械式ダイバーズ

&GP / 2020年4月1日 11時30分

写真

ヴィンテージスタイルを現代風に落とし込んだ重厚感あふれる機械式ダイバーズ

人間の英知が詰まった機械式腕時計。洗練された現代的なモデルもいいですが、どっしりと重厚感がある昔ながらのデザインには、よりロマンを感じますよね。そんなクラシックな機械式を好む人々のために登場したのが、イタリア発のウォッチブランド・SPINNAKER(スピニカー)のダイバーズ時計「DUMAS(デュマ)」(4万4000円/税別)。

1970年代のウォッチにインスパイアされたヴィンテージデザインと、高スペックながら4万円台という手の届きやすい価格も魅力です。

2014年に創業し、2019年10月に日本初上陸したSPINNAKER。本格的なダイバーズウォッチとヴィンテージデザイン、そして低価格という組み合わせで「カジュアル シティ ダイバー」という新ジャンルを築き、注目を集めています。

そんなSPINNAKERより登場したのが。自動巻きダイバーズ時計「DUMAS」。その名は、ダイビングのパイオニアとして有名なフレデリック・デュマ氏を由来とし、300m防水を備え、暗所で発光するスイス製のスーパールミノバを施すなど、ダイビングの計器としての機能と実用性が追求されています。

大きな特長は、1970年代のデザインにインスパイアされたというヴィンテージテイストなデザイン。44mmの角張ったステンレススチールケースが印象的で、文字盤のデザインやカラーリングも70年代のレトロなテイストを再現しています。

また、肉厚のミラネーゼメッシュブレスレットが重厚感をプラス。それでいてゴツすぎず、カジュアルに楽しめるバランスのいい一本に仕上げられています。搭載しているムーブメントはSII(セイコーインスツル)の「NH35」で、シースルーの裏蓋からその動きを眺められる仕様です。

ベゼルと文字盤のカラーバリエーションは4タイプ。4月10日より一般発売され、現在、オンラインストアで予約受付中です。「機械式時計は高価で手が届かなかった」という人の最初の1本としてぴったりかもしれません。

>> SPINNAKER

 

(文/&GP編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング