音楽も通話もノイキャンで!しかも防水仕様の高コスパ完全ワイヤレス

&GP / 2020年6月7日 20時0分

写真

音楽も通話もノイキャンで!しかも防水仕様の高コスパ完全ワイヤレス

完全ワイヤレスイヤホン市場に次々と投入されているノイズキャンセリング付きモデル。ただ、現状ではちょっと値が張るモノが多く、そうやすやすとは手が出せないのが正直なところ。もっと手軽にノイキャン付きの完全ワイヤレスを体感できればなぁ~、と思っているところにちょうどいいイヤホンが登場しました。

HUAWEI(ファーウェイ)の完全ワイヤレスイヤホン「HUAWEI FreeBuds 3i」(1万6280円)は、1万円台ながら、最大32dBのノイズを軽減する質の高いノイズキャンセリング機能を搭載。ノイキャンの入門機としてもオススメです。

「HUAWEI FreeBuds 3i」は、オープンエア(開放)型ながらアクティブノイズキャンセリングを搭載して注目を集めた「HUAWEI FreeBuds 3」のエントリーモデル。イヤホン部分がカナル型に変更されているのが大きな違いで、柔らかいイヤーチップ(4サイズ同梱)により、耳へのフィット感がアップ。密閉性が高いので、より臨場感のある音を伝えてくれます。

アクティブノイズキャンセリングはさらに進化しており、周囲のノイズを打ち消す外側のマイクと、耳の内側に残ったノイズを軽減するフィードバック・マイクのデュアルマイクが最大32dBのノイズを軽減し、雑踏の中でもクリアなリスニングを実現。

ノイズキャンセリングはハンズフリー通話でも高いパフォーマンスを発揮し、外側にあるふたつのマイクとインイヤーマイクのトリプルマイクが、口から発せられる生の声をしっかり拾うので、屋外での通話もはっきり。周囲の雑音が気にならないので、リモートワークやビデオ会議など、ビジネスシーンでも活躍してくれます。

肝心な音質も作り込まれており、小型の完全ワイヤレスイヤホンだと音の迫力が物足りない、と感じる人もいるかと思いますが、10mmの大型ダイナミックドライバーとベースチューブにより力強い低音を再生。EDMやハードロックなど、重低音好きな人でも聴き応えがありそう。

連続再生時間はフル充電で最大約3.5時間、充電ケース込みで最大約14.5時間。耐水防塵IP54にも対応しているため、通勤や通学だけでなく、ランニングやフィットネスのお供にも。また、アップデートによって、外部音取り込みモードも搭載される予定とのこと。

カラーは2色で、セラミックホワイトは6月12日より、カーボンブラックは7月以降に発売される予定です。

 

>> HUAWEI「HUAWEI FreeBuds 3i」

文/&GP

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング