木製なのにスマホがくっつくワイヤレス充電スタンド!その秘密は“ナノ気泡”にあり

&GP / 2020年6月10日 23時0分

写真

木製なのにスマホがくっつくワイヤレス充電スタンド!その秘密は“ナノ気泡”にあり

家具や雑貨など、高いデザイン性が注目を集める北欧の国ラトビアで作られた、無垢の木材を使用したユニークなスマホ用ワイヤレス充電スタンド「HALO(ハーロウ)」(9780円〜 6月10日現在)が、クラウドファンディング・Makuakeにてプロジェクトを進行中。

インテリアをナチュラルテイストで揃えている人や、仕事のデスクの上にもちょっとした温かみを、という人にピッタリ。スマホが滑り落ちない“ナノ気泡”による不思議なテクノロジーも搭載しています。

スマホのワイヤレス充電器というと、もちろん主流は金属等を用いたクールなデザインですが、この「HALO」はボディに無垢材を採用。デザインにこだわり、自然を愛する北欧らしいプロダクトと言えるでしょう。

Qi規格のワイヤレス充電に対応し、電源は、付属のマイクロUSBケーブルより。充電中であることが一目でわかるLEDも搭載しています。

用意されたカラーは、ウォルナット、ウェンジ、オーク、ゼブラ、ブラックという全5色。仕事のデスクにもこういうナチュラルテイストのものがあるだけで、ちょっとホッコリした気分になれますよね。

仕上げはハンドメイドによる丁寧な天然オイル塗装。オブジェのようにカットされた接地面を変えることで、スマホを見やすく、操作しやすい好みの角度に調整できるという、デザイン性と機能性が融合した秀逸なアイデアが光ります。

さらに特徴的なのが、スマホをくっつける仕組み。スマホの設置面では、数百万個ものナノサイズの気泡が真空を作り出し、置くだけでピタッと吸引する機構を搭載。逆さまにしてもスマホが落ちないという不思議なほどの吸引力を発揮します。

このようにピッタリとくっつきつつも外すときは軽くひねるだけ。粘着成分ではないので、外したあとのベタつきもありません。この仕組みにより、タテヨコナナメと、目的に応じて自由な角度で取り付けられます。

無垢材の質感はキッチンに置いても違和感がなさそう。ガジェットにも温かみやインテリア性を、というこだわりのある人には待ってましたというアイテムでしょう。
6月10日現在、1個9780円から支援受付中。パッケージもまた “缶” の形という意外性のあるデザインでプレゼントにも最適ですよ。

 

>> Makuake

文/&GP

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング