アゴにぴたっと密着するから剃り残しがないんです

&GP / 2020年7月28日 11時30分

写真

アゴにぴたっと密着するから剃り残しがないんです

口元、アゴ、モミアゲ周りのお手入れは、ビジネスマンにとって欠かすことのできない必須のルーティン。深剃りと鋭い切れ味が自慢のシェーバーで、毎朝気持ちよくジョリジョリしたいものですよね。

BRAUN(ブラウン)の「ブラウンシェービングシリーズ」最新モデルは、同社のシェーバーとしては6年ぶりとなる最新テクノロジーを搭載。現行のメインモデルに代わるミドルレンジの新密着シリーズとして、剃り残しのない“つるんつるんのあご下”をもたらしてくれます。

ブラウンの最新シェーバー「シリーズ5/シリーズ6/シリーズ7」(オープン価格)は、シェービング時の動きを徹底的に研究。小型軽量の強力モーターを搭載し、さらにそのパワーを活かす新トランスミッションシステムを開発したことで、ヘッド部をボディーから独立させる仕様を実現。

人間工学に基づいたデザインにより、従来モデルに比べて扱いやすさが飛躍的に向上しています。

▲「シリーズ5」

「シリーズ5(50-R1000s)」(想定価格:1万800円〜)は、約4〜5mmの刃が浮き沈みする3連密着ブレードを搭載。深剃りや肌の凹凸にしっかりと対応します。

また、網刃を外すことなくブレード内に溜まったヒゲくずを簡単に洗い流せるクイック洗浄システムを搭載。常にクリーンな状態を維持しながらシェービングできます。重さは約173g。

▲「シリーズ6」

「シリーズ6(60-B1000s)」(想定価格:1万4800円〜)は、ヘッド部に肌への負担が少ないスイング密着システムを搭載。カミソリ負けしやすいデリケートな肌の人でも、安心してシェービングを行えます。重さは182g。

▲「シリーズ7」

「シリーズ7(70-S7000cc)」(想定価格:1万7800円〜)は、3連密着ブレードに加えて360度密着システムがヘッド部を滑らかに肌へと密着。あご下の剃り残しゼロを実現する、究極の密着性を実現しています。もちろん頬、口元、もみあげ部もキレイすっきりと深剃りします。重さは185g。

サイズは3種類とも166×64×51mm。共通仕様として本体にリチウムイオンバッテリーを内蔵し、約1時間のフル充電で連続約50分稼働(電源コードが付属)。5分間の急速充電で1回分のシェービングが可能です。100%防水設計が施されており、お風呂剃りにも対応。シェービングフォームやジェルを使用したシェービングもOKです。

なお、「シリーズ5」と「シリーズ6」はヘッド部がワンクリックで取り外しができ、毎日の洗浄や替刃の交換も簡単。「シリーズ7」はアルコール洗浄システムが付属し、ボタンひとつで充電や除菌洗浄、潤滑化を一手に行ってくれます。

口元やあご周りをすっきりと整えてくれるブラウンの最新シェーバーで、男前にさらなる磨きをかけてみてはいかが? 発売は8月下旬(21日前後)予定となっています。

>> BRAUN「シリーズ7」

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆ひげ剃りしながらスキンケアできるシェーバーがあるんです!【GP FRONTLINE】
◆「ヒゲセンサー」が濃さを検知!肌にやさしい5枚刃ラムダッシュ 

◆肌にやさしくしっかり剃れる!良いシェーバーって使えばわかる 

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング