棚のホコリ取りも掃除できる二刀流クリーナーで部屋をまるごとキレイに

&GP / 2020年9月19日 13時0分

写真

棚のホコリ取りも掃除できる二刀流クリーナーで部屋をまるごとキレイに

次々に登場するスティッククリーナー。進化する機能には目移りしてしまいます。軽さや吸引力、用途に合わせたアタッチメントなど、それぞれの特性を謳った製品が多い中、2018年に「静電モップクリーンシステム」を搭載した“二刀流”として注目を集めたアイリスオーヤマの「極細軽量スティッククリーナー」が、2年の歳月を経てさらにパワーアップ。11月9日に新商品が登場します。

▲「極細スティッククリーナーモップ・マルチツール付 SBD-E4P」

モップ付きの二刀流クリーナー「極細軽量スティッククリーナー」の新商品、「極細スティッククリーナー モップ・マルチツール付き」2機種が今秋、発売されます。同シリーズは、床掃除に加え、付属の静電モップに静電気を帯電することで、棚上などの気になるホコリも一緒に掃除できる便利な二刀流です。

独自開発の “静電モップ” には、帯電しやすいポリプロピレン素材を採用。付属のナイロン製モップ帯電ケースで静電気を発生させることで、テレビのまわりや棚のホコリなど、床以外の気になる箇所のホコリを素早く吸着します。

使用後は、スタンド土台に付属された金属製の “除電プレート” にホコリの付いたモップを差し込むと静電気が除電され、掃除機本体でモップに付いたホコリを吸引。繰り返し何度でもモップを使えます。モップの柄は伸縮するので、高い場所などにも対応できて便利。

さらに、5つのアタッチメントを搭載。すき間ノズルやフレキシブルホース、布団用ヘッドなど、スペースに合わせてアタッチメントを交換するだけで、家の隅々まで気持ちよく掃除できるスグレモノです。これら全てのアタッチメントは、スタンドと同じ場所に立てられるので、場所を取らずにすっきり収納できます。

従来品と比べて3cm幅広になったヘッドやブラシ径が1cm拡張した回転ブラシ(「SBD-E4P」のみ)で、床やカーペットの汚れを掻き出す力を増強。さらに、軽い力で掃除機を取り回しでき、カーペットなどの奥に潜むゴミもしっかり掻き出します。

▲「極細スティッククリーナーモップ・マルチツール付 SBD-F2P」

ヘッドが従来モデルより大幅にパワーアップした「SBD-E4P」(3万3800円/税別)は、W255×D190×H1039mm/1.7kg。「SBD-F2P」(2万7800円/税別)は、W236×D175×H1015mm/1.6kg。いずれも紙パック式を採用しているため、チリやホコリが舞い上がりにくく、ゴミ捨てが簡単で衛生的です。

短い時間で効率的に掃除ができる“二刀流”は、忙しい現代人に求められる新しい掃除機のカタチなのかもしれませんね。

>> アイリスオーヤマ

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆サブ機によさそうだけど吸引力はメイン並みです! 
◆吸引力20000Pa!ハイパワーと静音性を両立したサイクロン式掃除機 
◆水拭き掃除がラクになったケルヒャーの新型フロアクリーナー

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング