機能は盛り盛り!しかもチタンとサファイアガラスで高級感があるぞ

&GP / 2020年9月29日 19時0分

写真

機能は盛り盛り!しかもチタンとサファイアガラスで高級感があるぞ

スマートウォッチは多機能で便利だけど、腕時計ではなくガジェットという雰囲気が強いですよね。ビジネスシーンでも装着するなら、やはりデザイン性にもこだわりたいところ。ただ、そんなに欲張ると、なかなか好みのものが見つからない…。

そこでおすすめなのが、ファーウェイから10月2日発売予定の「HUAWEI WATCH GT 2 Pro」(市場想定価格:スポーツモデル3万1800円、クラシックモデル3万5800円/ともに税別)です。通常使用で2週間持続する強力なバッテリーを搭載したハイクラスなスマートウォッチでありながら、チタン素材とサファイアガラスを採用して高級感があるため、ビジネスシーンでも問題なく着用できます。

▲「HUAWEI WATCH GT 2 Pro」(スポーツモデル)

頑丈なサファイアガラスの文字盤は、チタンフレームとシームレスになるようデザインされており、軽量で堅牢なデザインでありながら、洗練された上質な雰囲気を感じさせます。さらに、快適な装着感となるよう、背面はなめらかなセラミック素材で仕上げています。

▲「HUAWEI WATCH GT 2 Pro」

「スポーツモデル」は、ブラックカラーのフルオロエラストマーベルトを採用。ビジネスパーソンの日常使いにも最適な「クラシックモデル」は、グレーブラウンカラーの本革レザーベルトだけでなく、運動時の付け替え用にスポーツモデルと同じタイプのベルトを同梱しています。

各スポーツのデータを取得でき、例えば、ドライビングレンジ(ゴルフ)モードでは、スイングの姿勢を分析し、スイングスピードとテンポを向上させるためのデータを提供し、より効率的な練習を可能にします。

スキーやスノーボードのモードでは、心拍数はもちろん、平均速度や最大傾斜、通ったコースや距離などの総合的なデータを見れます。屋外ランニング、屋外サイクリングなど17種類のワークアウトに対して、モニタリングによるデータ分析・記録を行いトレーニング効果を可視化。ランニング時には、心拍数や走行ペース、ケイデンス(1分あたりの歩数)などの細かい情報を提供してくれます。

さらに、ボクシングや野球、ロッククライミングやパルクールなど85種類以上のワークアウトモードを追加可能で、自分のライフスタイルにあわせてアクティビティを楽しめます。

また、ファーウェイのスマートウォッチとしては初めてワイヤレス充電に対応。約5分間のワイヤレス急速充電で約10時間の使用が可能です。

さらに、Androidスマートフォンなら、200以上のウォッチフェイス(文字盤)をHuawei Healthアプリからダウンロードが可能で、自分で撮影した写真をウォッチフェイスに設定したり、ペットや家族の写真などを使用して自分だけのデザインを楽しんだりできます。

日の入り・ 日の出や月の満ち欠け、潮の満ち引きを簡単に知れたり、ストレスの状況や心拍数、睡眠リズムなどライフログを記録して健康管理できたりなど、機能は盛りだくさん。

機能盛り盛りかつ高級感あるスマートウォッチを、オン・オフ問わず使い倒してみませんか?

>> HUAWEI「HUAWEI WATCH GT 2 Pro」

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆Suica決済できて音楽も聴けるなら手ぶらトレーニングできちゃうよね 
◆Apple Watch Series 6に向いている人、SEに向いている人の見分け方 
◆摂取カロリーを自動計測!ウエアラブルってこういうことだよね 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング