ZoomもTeamsもMeetでもしっかり発言したいならヘッドセット使ってみない?

&GP / 2020年10月9日 11時30分

写真

ZoomもTeamsもMeetでもしっかり発言したいならヘッドセット使ってみない?

オンライン会議などで使っている人の多くなってきたヘッドセット。PC内蔵のスピーカー&マイクと比べて音声も断然聞き取りやすいし、自分が発言する時も周りの音を拾わないのがうれしいですよね。

ただ、手軽に手に入るものはオーディオミニプラグやUSBなど有線タイプが多く、身軽さという点ではいまひとつ。機動性を重視するなら断然無線タイプ! ということで、TaoTronics(タオトロニクス)より発売の新作ワイヤレスヘッドセット「TT-BH041」(市場想定価格:5478円前後)を紹介します。

「TT-BH041」は、耳全体をしっかり覆うオーバーヘッドタイプのワイヤレスモノラルヘッドセット。オーバーヘッドタイプといっても、音声出力するのは片耳のみ。マイク部分は270度の範囲で可動するため、左右どちらでも聴きやすい方の耳で使用できます。

ワイヤレス接続方式は、Bluetooth5.0に対応。Qualcomm製QCC3020チップの搭載で、接続安定性もしっかり確保しています。マイク部分は、最⼤40dbノイズをカットする高性能マイクを採用、不快なノイズを載せることなくスムーズな会話ができるようになっています。

ワイヤレスとなるとちょっと気になるのが連続使用時間ですが、この「TT-BH041」では34時間というスタミナぶりを発揮。これなら長時間におよぶ会議や丸1日かけてのセミナー受講、事実上時間無制限(笑)なオンライン飲み会にも余裕で対応できます。

また、耳や頭への負担が少ないのも大きな魅力。カナル型やインイヤー型のイヤホンと異なり、耳孔部分を圧迫することもなく、フック型のように耳の外側に引っ掛けることもないから、痛みや違和感を感じることなく長時間使い続けられます。

また一般的なヘッドホン型ヘッドセットと比べると価格もかなりリーズナブルなのも助かる! ひとつ持っておけば、重宝する場面は案外多そうですよ。

>> TaoTronics

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆つながらない、声が届かない…なんて心配は有線ヘッドセットならありません 
◆通話多めの人にはスタミナタイプのヘッドセットがオススメです 
◆移動中に使いたい!クリアな音で通話がはかどる片耳タイプのヘッドセット 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング