Ankerの新型ポータブル電源は重さもサイズ感も価格も“ちょうどいい”

&GP / 2020年10月29日 11時0分

写真

Ankerの新型ポータブル電源は重さもサイズ感も価格も“ちょうどいい”

多彩な充電関連機器を展開するAnker(アンカー)の大容量ポータブル電源シリーズ “Anker PowerHouse” 第3弾として、使い勝手の良さを考えた「Anker PowerHouse II 400」(3万9800円)が発売に。

小型軽量設計のボディには、10万8000mAhという大容量を備え、5種類ものポート類で多彩なデバイスを充電可能。アウトドアはもちろん、災害対策も兼ねた家庭用のポータブル電源としてピッタリなアイテムです。

サイズは約255×148×139mmと取り回しのよいサイズ感。上部には持ち運び用のしっかりとしたハンドルも付いており、重さは約4.6kg。今やアウトドア、キャンプと言えどもデジタルデバイスを活用しながらというスタイルが一般的。車中泊やフェス、釣りなどでも、スマホの電池切れなどの心配がなく快適に楽しめることでしょう。

搭載されるのは充電ポートは5種類。
・最大300Wの純正弦波ACポート
・USB-Cポート
・USB-A ポート×3
・DCポート×2
・シガーソケット

これらを使って最大で8台のデバイスを同時に、合計最大出力516Wで充電可能です。10万8000mAhというと、スマホがおよそ20回以上、ノートPCは5回ほど充電可能な容量。大人数でのキャンプなどでも頼もしい存在です。

ACポートは最大300Wなので、小型の冷蔵庫や扇風機、テレビなども使用可能。シガーソケットを使えば、車載用に使っている充電器などもそのまま持ち出して流用できますね。

バッテリー残量などは本体前面の大きな液晶画面に表示され、満充電までの推定時間や、現地の電源周波数、動作下限/上限温度を超えたときの通知などを見やすく把握できます。

本体への充電用DC入力ポートには別途用意したソーラーチャージャーも接続可能なので、用意しておけばアウトドアでの長期間の使用や、緊急時にも活躍。またUSB-Cポートからの充電にも対応しており、さまざまな利用シーンに対応。ACアダプタとUSB-Cポートからの同時入力にも対応し、最短では4時間で満充電となります。

電圧や温度を管理するバッテリーマネジメントシステム(BMS)の搭載により安全性も◎。製品の角と底面の強度をアップしハード面でも耐久性の高い作りに。

アウトドアを便利に楽しむだけでなく、急な停電などに備えて一家に1台あると心強いポータブル電源。大容量・利便性・携帯性を兼ね備えた「Anker PowerHouse II 400」は、はじめてのポータブル電源としてもおすすめです。

>> Anker

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆バッテリーとガワが分離する超大容量ポータブル電源、どう使う? 
◆1家に1台!高機能かつ安全性に優れたポータブル電源 
◆レトロなラジオ?いえいえ、これポータブル電源なんですよ 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング