アルピーヌ「A110S」にも取り付けられるTISSOTの限定クロノグラフ

&GP / 2020年10月29日 7時30分

写真

アルピーヌ「A110S」にも取り付けられるTISSOTの限定クロノグラフ

スイスの名門ウォッチブランド・TISSOT(ティソ)、そして、数々のカーレースで名を馳せたフランスの自動車メーカー・ALPINE(アルピーヌ)。1970年代より続く両者のパートナーシップによる新作クロノグラフ「Tissot Alpine On Board Automatic(ティソ アルピーヌ オン ボード オートマティック)」(27万600円)が世界限定516本で発売に。

ケース部を外せばALPINE A110Sのダッシュボードへと取り付けられ、オン ボード ウォッチとしても使用可能。TISSOT×アルピーヌ、両者の強い絆と歴史を体現する1本です。

ティソとアルピーヌのパートナーシップは、アルピーヌのA110が幾多のラリーで活躍する70年代まで遡ります。そして2017年に新型として生まれ変わったA110の最新型であるALPINE A110Sのオン ボード ウォッチとして作られたのがこの「Tissot Alpine On Board Automatic」です。

ケース部をA110Sのダッシュボードにあるマルチメディアスクリーン用フレームに取り付ければ、もちろん完璧に一体化。あるいはダッシュボードの一部を腕元に身に着けるという言い方もアリかもしれません。

さらに、今回は新たに専用スタンドも開発され、テーブルクロックとしても使用可能。腕元、クルマ、自宅やオフィス、どんな場所でも両ブランドの魅力を堪能できます。

デザインはもちろんA110Sと呼応するよう、A110Sのシートステッチなどに使われるオレンジカラーをアクセントに採用。インデックス、針、プッシュボタン上のリング、ベルトのステッチのオレンジが、スポーティかつ洗練された印象を醸し出します。

往年のレーシングカーのハンドルを思わせる穴あきのパンチングレザーストラップに、ピストン型のプッシュボタンや時分針と、随所にスポーティなテイストと遊び心を満載。さらに、ダイアルには'60〜'70年代の人気モデル・アルピーヌ A110 Berlinette(ベルリネッタ)の雰囲気を取り入れるなど、ファンにはたまらないディテール。

ムーブメントは、最長60時間ものパワーリザーブを誇るバルジュー社のValjoux A05. H31を採用。10気圧防水も搭載。ディスプレイとしてもかっこいいスペシャルボックス入り。

世界限定わずかに516本という貴重な品。A110Sオーナーの方はもちろん買いですが、モータースポーツファンの方ならぜひチェックを。

>> TISSOT

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆エレガントなグレーと最新機構が織りなすTISSOT日本限定モデル 
◆大人にこそ相応しいTissotの機械式でひと味違う腕元に 
◆機械式時計メーカーが挑むクオーツは秒針の動きが驚くほどなめらか! 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング