マウンテンハードウェアの最新ダウンジャケットは縫い目なしで超動きやすい!

&GP / 2020年10月29日 21時0分

写真

マウンテンハードウェアの最新ダウンジャケットは縫い目なしで超動きやすい!

ダウンジャケットも年々進化していますが、中でも、マウンテンハードウェアの新作ダウンコレクション「スーパーDS」シリーズの新技術に注目です。

縫い目がないシームレス構造を実現したことで、ダウンジャケットの弱点を克服することに成功。着心地が良く保温性が高いのが特徴で、着たままクライミングができるほどのストレッチ性も備えています。さらに、タフで軽いのも魅力です。

▲「スーパーDS ストレッチダウンフーデッドジャケット」(Black)

一般的なダウンジャケットは、ダウンが重力で下の部分に偏ってしまったりすることを防ぐために、随所に縫い目を入れた “バッフル構造” を採用しています。ですが、この構造には、縫い目の部分から寒気が入りやすく保温性が下がってしまうという難点がありました。そんなダウンの弱点を克服すべく生まれたのが、マウンテンハードウェアのダウンアイテム「スーパーDS」シリーズです。

ナイロンとポリウレタンを高密度に織り上げたストレッチ性の高い生地を “織り止める” 技術で作られた “Super DS構造” によって、縫い目がないシームレスなストレッチバッフル構造を形成。中に使用している700FPのRDS認証ダウンもずれることなく、さらにコールドスポットもないので、保温効果は高くなっています。分厚い接着剤も使用しないため、ゴワゴワ感もありません。

▲「スーパーDS ストレッチダウンフーデッドジャケット」(Wet Stone)

さらに、縫い目をなくしたことで生地のストレッチ性が最大限に発揮され、ダウンジャケットを着たまま、クライミングなど大きく動くアウトドアアクティビティもできるほどの動きやすさを実現。暖かいのはもちろん、タフで軽く、動きやすいという、あらゆる理想が詰まったダウンジャケットです。

▲「スーパーDS ストレッチダウンフーデッドジャケット」(Dark Zinc)

今期のコレクションは、昨年も発売されたフード付きフルジップのジャケットタイプ「スーパーDS ストレッチダウンフーデッドジャケット」(4万1000円/税別)4カラーに加え新作をラインナップ。

▲「スーパーDSジャケット」(Desert Red)

▲「ストレッチダウンハイブリッドフーディ」(Black Sage)

▲「スーパーDS クライムシャケット」(Sandstrom)

スタンドカラーのフルジップジャケット「スーパーDSジャケット」(3万9000円/税別)3カラー、ボディ下部と発汗量の多い脇下に化繊インシュレーション素材を採用した「ストレッチダウンハイブリッドフーディ」(4万1000円/税別)3カラー、シャツデザインの「スーパーDS クライムシャケット」(3万5000円/税別)3カラーと、豊富なデザインが揃っています。

>> マウンテンハードウェア

<文/&GP>

 

【関連記事】
◆個性あるカモ柄のダウンジャケットで遊び心を満たそう 
◆暖かさと動きやすさを兼ね備えたダウンジャケットでこの冬を乗り切れ! 
◆F/CE.の新作ダウンはNANGAとコラボで超ハイスペック! 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング