A6サイズは使いやすい!電子メモ「ブギーボード」がラインナップ追加

&GP / 2021年1月12日 11時0分

写真

A6サイズは使いやすい!電子メモ「ブギーボード」がラインナップ追加

メモ帳ってメモをとりたい時に限って、見つからないということはないですか。そして、たまたま書ける紙が見つかっても残りが少なく、少ししか書き込めなかったり、書くためのペンが見つからなかったりということも起こりがちです。

そんな時に便利なのがキングジムから発売されている電子メモ「Boogie Board(ブギーボード)」シリーズです。何回でも書いたり消したりできるため、紙の残り枚数を気にしなくていいし、付属のスタイラスペンが見つからなくても、爪を使って書けるというアイテムです。

そんなブギーボードに新しいサイズの商品が登場。それが、書き込みやすいA6サイズの電子メモパッド「Boogie Board(ブギーボード)」(BB-14)(3200円/税別)です。

「BB-14」の画面サイズは6インチで、「ブギーボード」シリーズの中では付箋サイズ(3.9インチ)の「BB-12」に次ぐコンパクトサイズ。サイズはW105×H148×D5.5mm(スタイラス除く)で、重さは約75g。薄くて軽量のため、手帳と一緒に持ち運びやすくなっています。また、片手で本体を持って書き込めるので、立った状態での筆記にも適しています。

本体裏面にはマグネットが内蔵されているため、デスクの金属部分やホワイトボードに貼り付けたり、自宅では冷蔵庫に貼り付けたりして使用できます。意外と便利なのが、裏面にレーザー刻印されている定規です。14cm以下のサイズを測ったり、直線を引いたりなど定規代わりに利用できます。

もちろん、これまでのブギーボードシリーズの良さも継承しています。液晶は、まるで紙に文字を書くかのように、スラスラとなめらかな書き心地を誇る感圧式液晶を採用。筆圧によって線の太さを変えられます。また、付属のスタイラスペンを使わなくても、爪などで書き込めるため、緊急時の筆記にも便利です。

メモはボタンひとつで消去でき、何度も繰り返し書き込めるという点もメリットです。リチウムコイン電池1個で約3万回消去できます。一般的なメモと異なり、シュレッダーなどで用紙を廃棄せずとも消去できるため、機密性の高い業務上のメモを記載してもOK。コワーキングスペースやテレワークなどオフィス街での利用に便利です。

▲カラーはイエロー、ネイビー、グリーン、ブラック、ホワイト

本体内にメモの保存はできませんが、メモの内容を保存したいという要望に応えて、今回の「BB-14」発売を記念してブギーボード専用アプリ「Boogie Board SCAN」が無料配信されています。

このアプリでは、ブギーボードに書いたメモをカメラでスキャンし、編集画面で色をつけたりテキストを加えたりできます。画像データ化したメモはフォルダ分けや共有が可能です。現在発売中の他のブギーボードシリーズでも利用できます。

A6サイズで使いやすく進化したブギーボード、一度試してみませんか。

>> キングジム「Boogie Board」(BB-14)

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆電子メモとモバイルバッテリーが合体!? しかもワイヤレス充電もできるって! 
◆電子メモパッドの液晶が拡大!半透明になってトレースも可能になったぞ 
◆メモやアイディアは思いついたらその場でデジタル保存しよう! 

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング