ゼンハイザーの最高傑作をさらにチューニング!有線派なら要チェックです

&GP / 2021年1月17日 15時0分

写真

ゼンハイザーの最高傑作をさらにチューニング!有線派なら要チェックです

ゼンハイザーから、最高傑作とも呼ばれる “IE 800” のドライバーをさらに洗練させて組み込んだ新作ワイヤードイヤホン「IE 300」(店頭想定価格:3万7500円/税別)が登場。“アーティストの「想い」まで持ち歩く”をコンセプトに作られたサウンドは、音質を超えた情感までをも表現。大好きな曲も以前よりグッと心にささるはず!

IEシリーズの最新作である「IE 300」は有線タイプのカナル型イヤホン。最大の特徴はアーティストの想いも響かせる情感あふれるサウンドで、長年ゼンハイザーの音を作ってきたエンジニアたちによってチューニングが施されています。

サウンドの要であるドライバーは、フラッグシップモデル「IE 800」に搭載されていた7mm Extra Wide Band(XWB)ドライバーを改良。メンブレン・フォイル(振動板)には、高内部損失、低共振特性の素材を使用し、かつコンピューター解析と視聴によって導き出されたノーコーティング&プレーン形状を採用。

さらに、ステム内で発生する不要な高音域の共振を排除するレゾネーター・チャンバーや、振動板背面のはね返りによる副作用を抑えるバック・ボリューム機構を備えており、クリアで温かみのあるサウンドを再現しています。

イヤホンはインイヤーモニターのように耳に掛けて装着。柔軟性のあるイヤーフックや、シリコンタイプとフォームタイプの2種類、各3サイズが付属したイヤーピースにより、長時間着けていても苦にならない、心地よい装着感を実現。耳にしっかりフィットするので遮音性も高く、音楽に没頭できます。

125cmのケーブルには堅牢性の高い素材を使用。3.5mmのケーブルコネクタも耐久性と低損失にすぐれた“gold-plated Fidelity+MMCXコネクター” を採用しており、丈夫で長持ち。なお、ケーブルは脱着式になっており、オプション(別売)で2.5mmと4.4mmのバランスケーブルも用意されていますが、他社製ケーブルとの互換性は確認されていないのでご注意を。

その他、インピーダンスは16オーム、感度は124dB(1kHz/1Vrms)、周波数帯域は6Hz~20kHz。発売予定日は1月19日となっています。完全ワイヤレスが注目されがちのイヤホンですが、音にこだわった有線タイプを選んでみてもいいのでは。

>> ゼンハイザー「IE 300」

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆耳にあったイヤホンが見つからない…それなら自分で作っちゃう? 
◆56gでノイキャン付きのネックバンド型なら一日中使えます 
◆聴力感度を自動分析!自分専用チューン音&ノイキャンで音楽を楽しもう! 

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング