キーボードがトラックバッドにもなるからマウスはもういらないんです!

&GP / 2021年1月19日 6時30分

写真

キーボードがトラックバッドにもなるからマウスはもういらないんです!

この一見なんの変哲もないように感じるキーボード。シンプルに見えて実は革新的な機能が! クラウドファンディング・Makuake(マクアケ)にてプロジェクト進行中の「Prestigio Click&Touch2(プレスティジオ クリック&タッチ2)」(1万9800円~ 1月19日現在)は、なんとキーボードのキー表面がタッチセンサーに! タッチパッドとマウスの機能が一体化した次世代のキーボードなんです。

「Prestigio Click&Touch2」はキー表面の84%がタッチセンサーになったキーボードで、指先でキー表面に触れたり、なぞったりすることでクリックやスクロールなどの操作が可能。動画プレイヤーでは、シークバーの移動や音量調整もタッチで操作できます。

このキーボードのスゴいのが、キーボード操作とタッチ操作の切り替えがスムーズなところ。切り替えボタンなどを押す必要がなく、キーを押せばキーボード操作へ、キーをなぞればタッチ操作へ、自然な動作で自動的に変更するので、感覚的にキーボード操作とタッチ操作を切り替えられます。

また、複数のデバイスと同時に接続できるのもこのキーボードの魅力。Bluetoothが3チャンネル、USBタイプ-Cが1チャンネル(有線)、それぞれデバイスと接続でき、キーを押すだけですぐに対応デバイスを切り替えます。たとえば、PCを操作している際中に対応デバイスをスマホに変更してショートメールを返信したり、対応デバイスをタブレットに変更して動画を早送りしたり、キーボードひとつでさまざまなデバイスを操作できます。

キーボードのサイズは283×132mmとコンパクトなので、狭いスペースでも設置が可能。マウスも必要ないのでデスクはスッキリ。また、283gと軽量なので片手で持って操作でき、携帯性にもすぐれています。

キーボード自体にもこだわりあり。弾力のあるシザー構造を採用しているため打鍵感がしっかりあり、それでいて長く使っていても疲れにくくなっています。タイピング音も静かなので、オフィスやカフェでも周りを気にする必要はありません。

電源はバッテリー式で、1時間の充電で約14時間の使用が可能。一度充電すれば半日以上はもつため、外出先での作業もしっかりこなせます。キー配置は日本語配列と英語配列を選択可能です。

>> Makuake

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆持ち運びやすい薄型Bluetoothキーボードで仕事効率アップ! 
◆地味に便利かも!キーボード自体に電卓がついてるぞ 
◆未来感満載のレーザー投影式キーボードを1週間使って分かったその実力 

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング