ベッドの横に収納があれば防災用品も日用品も入れられて便利かも

&GP / 2021年1月22日 21時0分

写真

ベッドの横に収納があれば防災用品も日用品も入れられて便利かも

関西地域に甚大な被害をもたらした阪神・淡路大震災は明け方、2016年の熊本地震は夜9時過ぎ。大地震の直後は大規模な停電が発生することが多いため、たとえ自宅にいたとしても、暗い中では冷静に状況を判断するのは難しいかもしれません。

また防災グッズを用意していても、まずは身の回りの安全を確認するのが第一。もし就寝中に大地震が発生した場合に備えて、防災グッズをベッドに置いておける収納グッズを紹介します。

フロムフラットから登場した「マクラン(ベッドタイプ)」(6490円)は、防災グッズを入れておく場所として使える、ベッドに付けられる収納グッズです。

就寝後に大地震が発生すると、枕元に置いてあったはずのメガネやスマホも吹き飛び、即停電。用意していた防災グッズを探すことすらままならない。そんな状況も想定されます。

もしかしたら、窓ガラスが割れて素足では歩けないかもしれません。そんな場合に備えて、ベッドサイドに靴・懐中電灯・メガネなどを収納しておけます。

もちろん、スマホやテレビのリモコン、読みかけの本など、普段から枕元周辺においてあるアイテムだってスッキリ収納できますよ。

ベッド本体とマットレスの間に挟み込むだけと簡単。いざという時は、引き抜けばOK。

しかも、引き抜いたらショルダーバッグに変身。布が筒状になっているので、肩から掛けられます。

サイズは、W70×H113cm。収納スペースはW70×H23cm。付属の中ブタを被せればスッキリと収納できます。

いつ何時、襲ってくるかわからない自然災害。まさに “備えあれば憂いなし”。自分の身は自分で守れるように準備をしておきたいものです。

>> フロムフラット「マクラン(ベッドタイプ)」

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆大掃除時にチェックしよう!いざに備える防災用品の最新グッズ5選 
◆備えあれば憂いなし!災害時に役立つ防災グッズ5選 
◆とっさのときに避難グッズを取り出せる「防災まくらカバー」が心強い! 

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング