ぽてっと感と絶妙なゆるさが心地良い「810s」の新作登場

&GP / 2021年1月24日 20時0分

写真

ぽてっと感と絶妙なゆるさが心地良い「810s」の新作登場

今年で創業147年を迎える老舗国産スニーカーブランド、ムーンスター。長い歴史の中で培ってきたノウハウによってプロユースシューズをデイリーユースに昇華させる「810s(エイトテンス)」より、21SSシーズン第2弾となる新作がリリースされました。

介護用シューズをルーツとした「ALLPE(オルパ)」(5000円/税別)、ナース向けシューズをルーツとし、通気性にこだわった「HOSP VENT(ホスプ ベント)」(5500円/税別)、キッチンシューズをベースとした「CAF(カフ)」(4500円/税別)など、履き心地とデザイン性を両立したデイリーシューズがラインナップしています。

「8/10 = eight-tenths」(腹八分目)を由来とする「810s」は、日常生活に“ちょうどいいもの”を提案するプロダクトライン。

21SSシーズン第2弾では、「ALLPE」「HOSP VENT」の新作2モデルと「CAF」の新色がラインナップしました。

新作「ALLPE」は、2008年にリリースされた「PASTEL 406」をベースとしたサンダルです。介護用シューズをルーツとし、さまざまなタイプの人が利用できるユニバーサルデザインの考え方を落とし込んでいるだけに、履きやすさと脱ぎやすさ、歩きやすさはバツグン。

面ファスナーでベルト調整できるので、どんな足にもフィット。EVAとラバー製のソールも快適です。カラーはアイボリーとブラックの2色で、サイズはSS、S、M、L、LLの5サイズ展開となっています。

シーズン限定アイテム「HOSP VENT」は、2009年にリリースしたナース向けシューズ「OMOIYARI 510」がルーツの既存モデル「HOSP」のアップデート版。粗目のメッシュアッパーとパンチングインソールで、通気性を大幅に向上させるとともに、軽やかな印象となっています。

こちらもバンドでフィット感を調節でき、ストレッチ素材のかかとを踏んで履くこともできるので、テントに出入りするアウトドアシーンなどでも活躍しそうです。カラーはカーキとベージュの2色で、サイズは22.0~28.0cm(ハーフサイズなし)の展開。

サボタイプの「CAF」にも、ブラックに加えてダークブラウンとオフホワイトの新色がラインナップ。厨房や食品工場で使われるキッチンシューズをベースとしており、油や水に濡れた床でもグリップ力を発揮するマルチストッパーソールや、水や汚れに強いアッパー素材を採用しているのが特徴です。

ぽってりした絶妙なゆるさのフォルムも魅力的。22.0~28.0cm(ハーフサイズなし)の展開です。

「ALLPE」と「HOSP VENT」は3月下旬発売予定、「CAF」の新色は2月下旬発売予定です。

>> 810s

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆プーマ「スウェード」の旧ユーゴ生産仕様が復刻!ディテールに注目です!
◆古き良き時代のミックス感が楽しめるNB「57/40」
◆軽くて暖かくてエコ!まるで雲のようなティンバーランドの新作シューズ

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング