軽くて薄くて端子が豊富!コスパも◎な「LG UltraPC」誕生

&GP / 2021年1月26日 6時30分

写真

軽くて薄くて端子が豊富!コスパも◎な「LG UltraPC」誕生

外出先に持ち歩く機会の多いPCはやっぱり薄くて軽いほうがいい…。そんな理由から、ちょっと前までは多少インターフェイスを絞り込んででもスリム化する傾向があったモバイルPCですが、リモートワークが定着し始めた昨今ではちょっと事情が変わってきています。

例えば、この2月に発売を控えるLGの新シリーズ「LG UltraPC」(主要モデル予想実売価格:8万9000〜15万7000円前後/税別)はその好例。ビジネスバッグにもすんなり入る約980gのスリムボディながら、USB Type-C、HDMI、microSDカードスロットまで本体に装備した13.3インチノートPC。最大8コアの強力CPU搭載で、パフォーマンスもバッチリです!

LGエレクトロニクスの新シリーズ「LG UltraPC」は、スリムでコンパクトなボディに、ビジネスユースに十二分な仕様と性能を備えた、テレワーク時代にぴったりの13.3インチノートPC。片手でさっと出し入れできる約30.7×20.7×1.5cmの薄型設計で、軽く持ち運びやすいからオフィスや自宅の好きなところで使えます。

モバイル用途を想定したPCとなると、軽さや薄さを重視するあまり外部拡張性が極端に少ないことがありますが、「LG UltraPC」では、本体にUSB Type-A、USB Type-C、HDMI、microSDカードスロットを標準装備。これならハブやドッキングステーションを一緒に持ち歩く必要ないし、レンタルオフィスやコワーキングスペースを愛用する人なら特にぴったり。バッテリーの持ちも最大15.5時間と余裕があるので出張や外出の多い人も安心です。バッテリーの充電量を管理することで劣化を防ぐバッテリー管理ソフト「LG Control Center」も同梱しています。

CPUには、コストパフォーマンスに優れたAMD Ryzen 4000シリーズを採用。特に、最上位機種「13U70P-GA74J1」では8コアのAMD Ryzen 7 4700プロセッサーを搭載し、マルチタスク環境でも余裕のパフォーマンスを発揮します。強力なグラフィック性能で、4K動画も人気のオンラインゲームも美しい描画で楽しめます。

メモリーは最大16GBのデュアルチャンネルDDR4、ストレージは最大512GBのNVMe SSDを採用し、パワフルなCPUが実力を思いきり発揮できる高速性を備えます。もちろん、ワイヤレスはWi-Fi 6対応、HD/720pのwebカメラにステレオミニジャック搭載でオンライン会議もしっかりサポート。

さらに、暗所で活躍するバックライトキーボード、高い空冷効果とともに静音性を備えた冷却システム、ジェスチャー機能対応のタッチパッドなど、時間や場所を選ばずストレスフリーで使いこなせる工夫も満載。ニューノーマルな時代にぴったりなモバイルPCです。主要4モデルは2月2日より発売、このほか各販売店に向けた特別モデルも用意されています。

>> LGエレクトロニクス・ジャパン

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆ミルスペックでフルメタル仕様、“どこでも快適に”を追求したLG最新モデル 
◆SSDやHDDとメモリーを用意して背面から挿し込めば液晶一体型PCの完成! 
◆13.3インチで重さたったの334g!持ち運びにも便利なモバイルモニター 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング