1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

メモ帳付きのミニ財布のメリットはメモに集中できること!その真意とは

&GP / 2021年7月14日 19時0分

写真

メモ帳付きのミニ財布のメリットはメモに集中できること!その真意とは

最近はちょっとしたメモなども、スマホに入力しがちです。ですが、メモを打ち込んでいるときに通知がきてついつい確認してしまったり、メモした内容をちょっと調べようとして、そこから延々と情報を検索したり、たまに休憩で関係ない動画を見てしまったり、SNSを使ったりして、いつの間にかメモのことを忘れてしまう、なんてこともままあります。

そこで紹介したいのが、バリューイノベーションから発売される、財布とメモ帳という普段から持ち歩くアイテムを融合させた「ミニマリスト財布 ROLANDALE × abrAsus」(1万5000円)です。究極のミニマリストとしても知られる “現代ホスト会の帝王” ローランド氏が会長を務めるローランデールとのコラボアイテムで、製品には彼の哲学が詰まっています。

アイテムのテーマはデジタルデトックス。スマホの通知に邪魔をされず、集中できる時間を作り出すためのメモ帳兼ミニ財布です。アイデアや読書メモを書き留めたり、後で検索しようと思った単語をまとめたりして、リアルタイムでスマホを併用しないことで、無駄な時間を節約することが目的です。

省スペースながら多くの機能が詰まっています。財布を開くと上部がメモスペース、下部がカードケースとなっており、その間に小型のペンが入っています。メモ帳は、市販されているコレクト社の名刺サイズの情報カードが利用でき、ペンのリフィルもゼブラの市販品を利用できるため、残量を気にせず使えます。

さらに、メモスペースの裏にはお札やレシートを入れるスペースがあり、カードケースの裏はファスナーポケットとなっているので、小銭や鍵などを入れておけます。

カードケースには、クレジットカードなど5枚ほど入れられます。そのため、スマホと「ミニマリスト財布」を持ち出すだけで、最小限のお出かけスタイルを実現できます。

ローランド氏の名言「俺か、俺以外か」と同様、メモ帳付きのミニ財布も「これか、これ以外か」に分類されることになるではないでしょうか。

>> スーパークラシック

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆手書きのメモも署名も小さなパッドで簡単デジタル化!
◆A6サイズは使いやすい!電子メモ「ブギーボード」がラインナップ追加
◆油性ボールペンで書いて消せるメモが便利すぎ! 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング