1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

どこに置いても邪魔にならない!しかもAndroid TV入りです

&GP / 2021年7月21日 22時0分

写真

どこに置いても邪魔にならない!しかもAndroid TV入りです

今、おうち時間を充実させるコンパクトなプロジェクターが人気です。せっかく買うなら高画質&高音質なものを、というならフルHDスマートプロジェクター「XGIMI Horizon」(12万9800円)と4Kスマートプロジェクター「XGIMI Horizon Pro」(17万6880円)をチェックしてみてはいかがでしょう。

最大300インチ投影の大画面と2200ANSIルーメンの明るさで4KまたはフルHDの美しい映像を楽しめるうえ、Harman Kardon製のスピーカーによる大迫力のサウンドも実現。さらに、Android TVを搭載しているため単体で動画を楽しめるんです。

「XGIMI Horizon」と「XGIMI Horizon Pro」は共に208.4mm×218.4mm×136.2mmというコンパクトなスマートプロジェクター。重さは2.9kgで、ポータブル電源と共に車に積んでキャンプに持っていけます。投影方式は液晶ではなく、DLPチップを表示デバイスとして使う「DLP」。投影サイズは40インチから最大300インチ以上という映画館のような大画面になり、ANSI(米国国家規格)2200ルーメンの明るさで、昼間のリビングでもくっきり映し出します。

さらに、AIが映像ごとに最適な色彩処理を施し、周囲の明るさを検知する光センサーによって見やすい映像へ自動調整。また、自動台形補正やオートフォーカス、障害物回避機能などによって自動的に見やすく補正してくれるため、面倒な投影操作も必要ありません。

本体には、Android TV 10.0を搭載しており、Google PlayストアからHuluやYouTubeなど、約5000のコンテンツアプリをダウンロードでき、単体で映像コンテンツを楽しめます。

もちろん、HDMIやUSB、LAN、DCなどの多彩な入力ポートを搭載しているので、ケーブルを使ってスマホやPC 、DVDプレイヤー、ゲーム機などと繋げられるし、Wi-Fi環境であれば「Google Home」や「AirScreen」などのアプリを使ってスマホの画面をキャストすることも可能です。

MEMC(モーション補正技術)によって残像感はなし。「ゲームモード」(HDMI接続時のみ可)にすれば低遅延入力が可能になり、大画面でゲームを楽しめます。

そして、特筆すべきは、Harman Kardon製のオーダーメイドのデュアルスピーカーを搭載していること。8W×2基で、臨場感のあるパワフルなサラウンド音声を広げます。

インテリアに馴染むスタイリッシュなアルミニウムボディのデザインと直感的に使える本体ボタンや音声操作もできるリモコンも魅力的。楽天、Amazon、Glimpse、各家電量販店で発売中です。

>> Glimpse「XGIMI HORIZON Pro」

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆ポータブルプロジェクター「XGIMI Halo」で大画面スポーツ観戦に挑戦!  
◆ド迫力にゲームを楽しめるスペックを持つ4Kプロジェクター登場! 
◆最近注目のプロジェクター、手軽さで選ぶ?それとも映像の美しさ重視?

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング