1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

極上のトースト以外にもいろいろできる「アラジン グラファイト グリル&トースター」

&GP / 2021年9月19日 23時0分

写真

極上のトースト以外にもいろいろできる「アラジン グラファイト グリル&トースター」

特許技術の遠赤グラファイトがおよそ0.2秒ですばやく発熱、「とにかくトーストがおいしい!」との評判で、発売以来常にトップセラーの座に鎮座し続けているのがアラジンのグラファイトトースター。この大ヒット商品が今年になってさらに大きく進化、「アラジン グラファイト グリル&トースター AET-GP14A」(3万9000円)として、新たな話題を呼んでいます。

新モデルでは8つの調理メニューが加わり、作れる料理もより多彩にグレードアップ。毎日の食卓から特別な日のおもてなしまで、この1台でさまざまな料理が楽しめます。

遠赤グラファイトヒーターが食材を素早く加熱、短い時間でおいしく焼き上げてくれるアラジンのグラファイトトースター。とりわけ、“外カリッ、中モチッ”の最高の味わいが楽しめるトースター機能はパン好きの間で大好評。

「冷凍庫から出したばかりの厚切りパンも、開封後に少々乾燥が進んだパンもおいしく焼き上げられる」と話題が話題を呼び、2021年2月時点ですでに発売累計100万台を超える大ヒット家電となっています。

今年発売された「AET-GP14A」は、同シリーズの中でもフラッグシップモデルとして位置づけられる最上位機種。評判のトースター機能ももちろん健在ですが、最大の特長は、バラエティ豊かな8つの調理メニュー。高温グリルから煮込み、蒸し、さらには発酵・低温調理から炊飯まで、この1台でさまざまなレシピや調理方法に対応。公式サイトにて公開中のレシピとあわせて活用すれば、レパートリーが一気に広がります。

また多彩な調理メニューに合わせて、付属品も豊富に揃っていますが、とりわけ注目したいのが浅型・深型2つのグリルパン。特に深型タイプは、従来モデル「AGT-G13A」のグリルパンから一気に2倍まで容量アップ。

グラタンやホイル焼きといった焼き調理はもちろん、チキングリルやシチューといった本格おもてなし料理もこなせるようになりました。浅型グリルパンとすのこを組み合わせれば、温野菜やシューマイのような蒸し調理も可能です。

また「パンもいいけどごはんもね」ということで、もうひとつ特筆したいのが炊飯機能。「AET-GP14A」には直火炊きのようなふっくらご飯が炊ける炊飯専用釜が付いていて、1〜2合容量の炊飯ができるようになっています。

専用釜は熱伝導性の高いアルミ製、両耳のついた可愛いルックスはピラフや炊き込みご飯を炊いてそのまま食卓に載せてもよさそう。炊飯容量にもよりますが、白米ならおおよそ30分程度で炊き上がるので、急いで炊きたい時には電気炊飯器よりも重宝するかもしれません。

本体サイズは幅391×奥行き391×高さ276mmで、カラーはおなじみのくすみグリーンのほか、キッチンになじみやすいホワイトもラインナップ。設置場所が限られるコンパクトなキッチンに置きやすい省スペース設計ながら多彩な調理ができるのは、特に1〜2人分の少人数調理にはかなりうれしいはず!

>> アラジン グラファイト グリル&トースター AET-GP14A

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆トースターはパンを焼くだけなんてもったいない!耐熱クッカーで調理もできるぞ!
◆蒸し・焼き・煮込み料理に加えて無水調理もできちゃいます 
◆アウトドアでも使える鋳造製の調理器具はまさに一生モノ! 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング