1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

1台で大画面と迫力のサウンドを楽しめる2.1chスピーカー搭載プロジェクター

&GP / 2021年10月1日 22時0分

写真

1台で大画面と迫力のサウンドを楽しめる2.1chスピーカー搭載プロジェクター

自宅で過ごす時間が長くなったことをきっかけに、休日はもっぱらサブスク動画サイトに浸かりっぱなしなんて人は少なくないはず。秋の夜長に話題のドラマやアニメを楽しむなら、大画面&いい音で好きなコンテンツを存分に堪能できるスピーカー内蔵のモバイルプロジェクターはいかがでしょう。

ベンキュージャパンからこの秋登場するのは、世界初となる2.1chスピーカーを内蔵し、1台でさまざまな動画アプリが楽しめるAndroid TV 9.0を搭載したモバイルLEDプロジェクター。円形デザインがユニークな「GV30」(想定市場価格:6万9800円)、アウトドアでも使える「GS50」(想定市場価格:8万9800円)、それぞれに個性あふれる2モデルを紹介します。

ベンキュージャパン「GV30」「GS50」は、いずれも本体にAndroidTV 9.0を搭載。Wi-Fiが使える環境下なら、Amazon Prime VideoやYouTube、Huluなどさまざまなストリーミングコンテンツに直接アクセスできるモバイルプロジェクター。映画やドラマはもちろん、アニメやスポーツ中継、ニュース、ゲーム、バラエティなど多彩なコンテンツを大画面で楽しめます。

投射方式は単板DLP方式で、輝度は「GV30」が300lm、「GV50」が500lm。電源はAC電源での駆動のほか、内蔵バッテリーによる駆動にも最長2.5時間まで対応可能。0.7mの高さからの落下衝撃耐性も備えているので、小さな子どもやペットがいても安心して使用できます。

さらに特筆すべきはサウンド機能。「GV30」では4W×2基+8Wウーファー、「GV50」では5W×2基+10Wウーファーを搭載した、2.1ch仕様のtreVoloスピーカーを搭載。外付スピーカーを追加することなく迫力の重低音が楽しめるのは大きな魅力です。

円盤を縦にしたような筐体デザインが楽しい「GV30」は、最大投影解像度1280×720のHD画質で最大135度の角度調整機能を搭載。壁や天井、傾斜のある壁にも投影できるので、寝室やリビングなどさまざまな場所で活用できます。

キューブ型の「GS50」は最大投影解像度1920×1080のフルHD画質で、HDR10/HLGもサポート。独自のカバーデザインはアウトドアユースにも対応できるIPX2の防滴性能を備えます。

また屋外など環境光が少ない場面で映像を投影するのに適した「キャンプファイヤーモード」を新たに搭載、プロジェクターの新しい楽しみ方が発見できそう。

発売は「GV30」が10月12日より、「GS50」が10月30日からとなっています。

>> ベンキュージャパン「GV30」「GS50」

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆ネット動画も気軽に楽しめる最新プロジェクター7選【趣味時間最強ベストギア】
◆リビングにもマッチするオシャレな小型プロジェクターで大画面を楽しもう!
◆3DサラウンドバーとフルHDプロジェクター、ふたつで3万円未満って超高コスパ!

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング