1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

ソニーの新型ワイヤレスヘッドホンはテレワークで活躍間違いなし!

&GP / 2021年10月5日 11時30分

写真

ソニーの新型ワイヤレスヘッドホンはテレワークで活躍間違いなし!

ソニーから登場するノイキャン機能搭載の「WH-XB910N」(予想実勢価格:2万6000円前後)は、高音質と快適な通話性能を兼ね備えた、聴いてヨシ、話してヨシのヘッドホン。

2台のデバイスに同時接続できるマルチポイント対応だから、スマホで音楽を聴いている時にPCでオンライン会議に対応したり、PCで動画を見ている時にスマホの通話に出たり、いちいち接続する手間がかからず、シームレスに切り替えが可能。テレワークできっと重宝するはず!

ノイズキャンセリング機能は、左右のヘッドホンの外側と内側に搭載された4つのマイクが、効率的にノイズを集音して除去する“デュアルノイズセンサーテクノロジー”を採用。高いノイズキャンセリング機能と、自然に周囲の音を拾う外音取り込み機能を両立しています。

音質はEXTRA BASSシリーズならではの、専用ドライバーユニットを介した、芯に響く重低音が特徴。MP3やストリーミングサービスなどの圧縮された音源を、CDレベルの高音質に復元するDSEE(Digital Sound Enhancement Engine)も搭載しており、圧縮音源で失われがちな高音域もクリアに再生します。

近ごろ注目されている3Dオーディオにも対応しており、“360 Reality Audio (サンロクマル・リアリティオーディオ)”のコンテンツを再生可能。全方位から音に包まれる体験は、耳の形などの個人データに合わせて最適化することで、よりリアルに感じられるはずです。

ハンズフリー通話は、“高精度ボイスピックアップテクノロジー”がクリアな会話を可能に。屋外でも自分の声をハッキリ相手へ伝えてくれるから、オープンカフェからオンライン会議に参加したって大丈夫!

連続再生はノイキャンON時で最長30時間、OFFなら最長50時間。1日4~5時間ほどの使用なら、一週間まるまる充電なしで使い続けることができます。カラーはブラックとブルーの2色展開。音楽にも通話にも、マルチに使えるヘッドホンを探していた人は要チェックです!

>> ソニー「WH-XB910N」

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆音質重視で選ぶ珠玉のヘッドホン14選【趣味時間最強ベストギア】
◆アルカンターラを纏ったランボ仕様のイヤホン&ヘッドホン
◆agの同価格帯ヘッドホンとイヤホン、どちらを選ぶべきか考えてみた

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング