1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ

ビンディングペダルにスポッとハメればフラットペダルに変身!

&GP / 2021年10月17日 13時0分

写真

ビンディングペダルにスポッとハメればフラットペダルに変身!

ロードバイクやマウンテンバイクなどで、効率良くペダリングしたいときに用いられるビンディングペダル。ペダルと靴が固定されているので、踏み込むだけでなく足を引き上げるときにも力がかかり、ペダルを回す力を最大限で進む力に変えられるので、より速く、遠くまで走るサイクリングは最適なペダルです。

しかし、スニーカーなどでビンディングペダルを使って街乗りすると、滑ってペダルを踏み外したり、思いっきり踏み込めない、ペダルが下向きになって面倒なんてことも。だからといって街乗り用とスポーツ用を2台用意するのも、あまり経済的ではありません。

そんなサイクリストのビンディングペダルあるあるを、たった3秒で解決してくれるアイテム「Pocket Pedals」(4603円〜 10月15日現在)がアイスランドより日本初上陸。クラウドファンディングサイト・GREEN FUNDINGにて10月15日より先行予約販売を開始しました。ビンディングペダルにはめるだけで、サイクリングの楽しみ方を広げてくれます。

 

「Pocket Pedals」はアイスランドの新興メーカーが、家族とのサイクリングをより安全に楽しめるように開発されたペダルアダプターで、取り付け時間はわずか数秒。工具も必要なく自転車のペダルをフラット化できます。

カンタンに取り付け・取り外しができるので、走ってるコースや用途に合わせてビンディングペダルとフラットペダルを変更することが可能。家族とのサイクリングや通勤ではフラット化、趣味のサイクリングではビンディングシューズと使い分けが自由自在です。

ロードバイク用のSPDーSL、 マウンテンバイク用のSPDのどちらにも取り付けが可能で、付いているペダルに横からカポッとはめるだけでフラットペダルに早変わり。

ポケットに入るコンパクトサイズで携帯性も抜群です。また、工具を必要としないので、どんなシーンでも対応できます。

両面はフラットなペダルは踏み外す心配がなく発進がスムーズ。靴底が平らなスニーカーでも高いグリップ力で漕ぎやすく、ペダル表面には滑り止め用の突起加工が施され、雨天時でもペダルを踏み外す心配がありません。

走りやすい道はビンディングペダルを使用し、瞬時にペダルから足を離して地面に足をつけたい難易度の高いコースでは、フラット化して使用するなど使い分けが可能。ペダルを踏む面積が大きく、様々な状況に対応できて自由度が高いので、安全にサイクリングを楽しむことができます。

シーンに合わせて日常のライドを楽しくしてくれる、画期的なアイテムです。

>> GREEN FUNDING「Pocket Pedals」

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆360度カバーする首かけドラレコで自転車やバイクでの“もし”に備える!
◆そうそう、自転車にこそAirTagをつけて盗難対策が必要だよね
◆乗りやすさを追求した自転車でサイクルライフを始めよう

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング