1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

ジウジアーロがデザインした稀代の名車「いすゞ 117クーペ」初期型を精密再現!

&GP / 2021年11月5日 7時0分

写真

ジウジアーロがデザインした稀代の名車「いすゞ 117クーペ」初期型を精密再現!

1968年に発売された伝説的名車、いすゞ 117クーペ。その精密な1/24スケールのプラモデル「いすゞ 117クーペ 初期型」(3520円)がハセガワより12月上旬発売となります。

イタリア工業デザイン界の巨匠である、ジョルジェット・ジウジアーロがデザインし、“走る芸術品”とまで称される美しいボディを、インテリア、車体裏側に至るまで、実車取材に基づき精密に再現されています。

この初期型モデルは、極端に細いピラーなど、手作業でしか製造できないパーツもあったため、“ハンドメイド・モデル”と呼ばれていたもの。

実車取材に基づき、完全新作の金型により細部を忠実に再現。完成見本の写真だけでもその精巧さ、リアルさが見て取れるかと思います。

完成時の全長は177.5mm、全幅は67mm。パーツ数は127。ボディのパーツカラーはホワイト。フロントグリル・フロント/リアバンパー・ホイールキャップ・フェンダーミラー・2本出しマフラーカッター・サイドモールなどがツヤ有りメッキパーツになります。

117クーペの大きな魅力であるインテリアも忠実再現。木目の美しいインパネに並ぶ7連メーターは、まさに芸術品。

ステアリングも可能なので、ディスプレイする際にはちょっと表情をつけることも可能です。

さらに、オマケパーツとして、1970年から販売された電子制御燃料噴射装置装備の初期型「117クーペEC」を再現可能な、1本出しマフラーカッターとリアに付くECロゴマークも付属します。

>> ハセガワ「いすゞ 117クーペ」

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆陸自明野駐屯地所属「AH-1S コブラ」2機セットのプラモは特別塗装のデカール付き!
◆日本が誇るネオクラシックスポーツカー、初代「サバンナRX-7」を1/24スケールで精密に再現!
◆『ワイルド・スピード』のモンスターマシン4台がプラモ化!

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください