1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ

バッテリーをハンドル上に装着する電動アシスト自転車っていいかも!

&GP / 2021年11月27日 21時0分

写真

バッテリーをハンドル上に装着する電動アシスト自転車っていいかも!

都市生活で身近な足として活躍するeバイク。「乗りたいけど保管場所の確保が難しい」「防犯面がちょっと心配」という人にオススメなのが、コンパクトに保管できる折りたたみタイプです。

例えば、ジックより1月発売の新製品「TRANS MOBILLY NEXT 206」(12万1300円)なら、スイスイ走れる20インチ&6段変速付きながら、同クラスの電動アシスト自転車としては最小・最軽量に相当するコンパクトサイズを実現。シリーズ独自のバッテリー機構で毎日の充電もラクラク、通勤から旅先でのロングライドまで快適にこなせる1台です。

「TRANS MOBILLY NEXT 206」は、“持ち運ぶための電動アシスト自転車”をコンセプトとする“ULTRA LIGHT E-BIKE TRANS MOBILLY NEXT”シリーズの新モデル。これまで14インチ、16インチモデルがリリースされていましたが、これはシリーズ待望の20インチモデル。従来からの小回りのよさに電動アシスト+20インチタイヤが加わり、軽快な走行性がいっそう楽しめるようになっています。

フレームには軽量アルミ素材を採用することで、本体重量約13.5kgという一般車顔負けの軽さを実現。使用時サイズは1480×530×790〜990mmですが、折りたためば810×500×650mmまで小さくなるので、室内での保管やクルマに乗せての携行もしやすいのが最大のメリットです。

注目したいのが、シリーズ独自のバッテリー機構。一般的なeバイクでは、バッテリーはメインフレームに外付けされるか、あるいはフレームやシートポスト内部に収められていることが多いのですが、この“ULTRA LIGHT E-BIKE TRANS MOBILLY NEXT”シリーズでは車体そのものの持ち運びやすさを重視して、小型サイズのモバイルバッテリーをハンドル上部に装着させる方法を採っています。


わずか1秒で取り付けられるマグネット仕様だから、取り外して室内に持ち込むのも交換するのも本当にラク! バッテリー容量は5.0Ahと一般的なeバイクと比べると控えめに感じますが、フル充電からの走行距離は約30kmと、日常的な通勤や買い物であれば必要十分。

またバッテリー自体が89×188×40mmとコンパクトだから、あらかじめ予備バッテリーを用意しておけば、旅先でのちょっとしたロングライドも問題なく楽しめます。

さらに取り外したバッテリーはモバイルバッテリーとして、スマホやタブレットへの給電にも使用可能。バッテリー先端部分にはデュアルヘッドライトがついているので、夜間の走行はもとより、暗い場所でカギを探すときなどにはLEDライトとしても活躍します。

使いやすいモバイルバッテリー仕様は、毎日の充電や持ち運びをなるべくラクにしたい人、旅先での機動性をアップしたい人なら最適なチョイスかもしれません。

>> ジック「TRANS MOBILLY NEXT 206」

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆リフレクターにAirTagを忍ばせてしれっと自転車の盗難対策!
◆自転車のロックが指紋認証ならめんどくさい感が一気に下がるよね
◆自転車の“お尻痛い問題”は左右独立の「動くサドル」で解消だ!

 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください