VRから朝食食べ放題まで!豪華すぎるカプセルホテルに泊まってみた!

&GP / 2016年10月21日 19時0分

写真

VRから朝食食べ放題まで!豪華すぎるカプセルホテルに泊まってみた!

カプセルホテルといえば終電を逃して急きょ宿泊とか、出張先でサッと風呂に入って寝るだけという存在だった。

しかしワンランク上の “進化形カプセルホテル” と謳う「安心お宿プレミア荻窪店」は、週末にわざわざ訪れてノンビリ過ごしたくなるような、まるで温泉宿のような楽しみ方もできる。それでいて寝るだけという使い方をしても惜しくない料金設定なのが、また嬉しい。遠方から東京方面に来た際の拠点として活用しても良いだろう。

というわけで、気になるその実態を調査すべく、噂のプレミア荻窪店に宿泊してきた。

■一泊では遊び尽くせないエンタメと充実の施設が楽しめる!

A

宿泊プランはカプセルルームのグレード別に「バリュー」「デラックス」「シアター」の3タイプ。シアタールームには、何と40インチもの大画面テレビが設置されている。動画見放題サービスもあるので、大迫力で映画やドラマを楽しむことができるのだ。シアター以外のルームも24インチのワイドTVがある。ちなみに、宿泊以外に短時間休憩の “お昼寝プラン”、カプセルルームを借りない “入浴に特化したプラン” なども用意されている。

15時チェックインの翌15時チェックアウトなので、最大で24時間滞在できる点もありがたい。早めにチェックインして夜までゆったり過ごすも良し、夜更かしして翌日の昼までぐっすり眠るも良し。遊べる設備が整っているため、これはとても嬉しい。

D

横幅1m、高さ1m、奥行き2m。大人1人がくつろぐのに充分なスペースを確保。しかも空気清浄機が完備されており、空気が循環するため息苦しさは感じない。

E

全室にタブレットが置いてあるというのも驚き。Wi-fiに接続可能でインターネット閲覧ができるだけでなく、ルームデリバリーをオーダーもできる。館内案内も見られるので、ここで滞在中どのように過ごすかのプランを練ると良いだろう。さらにTVモニターにも接続できるという至れりつくせり具合は、もう参りましたと言わざるをえない。

F 備え付けのオーディオテクニカ製ヘッドホンで迫力のサウンドが楽しめる。大音量で集中して映画などを見るのにピッタリだ。

 

G

用意されている布団は安定のシモンズ社製。シモンズは国内ホテルのみならず海外のホテルや、豪華客船「飛鳥II」にも採用されているベッドメーカーだ。

実際に寝てみたところ、いつもは「いてて…」と腰をさすりながら起きるのが常の筆者だが、気持良くスッと起きることができた。

▼トゴール鉱石の人工温泉に超充実のアメニティ

H

トゴールという鉱石を使用した人工温泉。清潔で快適というのはもちろんとして、注目は充実のアメニティ。「大体どこもそれなりに充実のでは……」とおっしゃる方もいるかと思うが、その想定の範囲を大きく超えてくる。整髪料、化粧水、乳液、綿棒、歯間ブラシ、綿棒、デンタルウォッシュなど、思いつく限りのアメニティが浴室、洗面所にはギッシリと並んでいる。

「世界の逸品 香水コレクション」なんて気の利いたものもあり、デート前でも安心。 「世界の逸品 香水コレクション」なんて気の利いたものもあり、デート前でも安心。

 

嬉しいのが品揃えだけでなく、そのどれもが高クオリティである点。例えば、カミソリは三枚刃で、巷の銭湯やサウナなどでよく見かけるものとは剃り心地も違う。シャンプー、リンスなども、天然パーマでゴワゴワの筆者の髪がスベスベになったし、地味にスゴイ! 豪華カプセルホテルあなどり難し。

K

▼宿泊施設のオマケじゃない! 本格派ビール&日本酒バル

1階に受付と風呂、2階と3階がカプセルルーム。そして最上階の4階にクラフトビール&日本酒バル「ウブドフォレストカフェ」がある。ここがまた素晴らしい。

M

まずドリンクの充実度がハンパじゃない。世界各国のクラフトビールや焼酎、日本酒、洋酒がずらりと並ぶ。街のバーと遜色ない品揃えだ。

N

O

続いて気になるのが「ソースバー」。こちらもビール同様に国際色豊かなラインナップが揃う。フリッターや和風の惣菜など豊富に用意されたフードメニューが、このソースバーによってさらに多彩になる。

Q 朝は食べ放題バイキング。ごはん、納豆、卵、味噌汁、カレーなどが並ぶ。

 

R

「森の朝カレー」という荻窪店の名物であるフライドベジタブル&チキンカレーがめちゃくちゃ旨かった。食べ放題にも関わらずこの具だくさんぶり。朝から調子に乗って3杯もいただいてしまった。

S

他にもダーツ投げ放題、支配人厳選の漫画1000冊読み放題、コーヒーやジュースなどのソフトドリンク飲み放題といくらでも長居できてしまうサービスが盛りだくさん。さらにノートPC、プリンターの無料レンタルサービスがあり仕事もできる。ノマドワーカーの方にはうれしいポイントだ。

▼カプセルホテルでまさかのVR体験

T

そして、なんといま話題の「VR」レンタルサービスが存在する。ももクロライブのダイジェスト映像や映画のプロモーション、恐竜が暴れまわる太古の大自然映像などの視聴可能。

360度カメラで撮影された水着美少女の実写グラビアムービーは、もうひと息で「触れられるかも…」と思わせるほど美しく、試聴を強くオススメする。また、追加で支払いをすることで見られる有料コンテンツもあり、こちらは10分以上の長めの動画となっている。

筆者はアニメ「攻殻機動隊」のVR専用ムービーを試聴したのだが、裸の素子がこちらに近づいてくるシーンで思わずのけぞってしまった。まだ改良の余地を感じさせる映像ながら、迫力はかなりのものである。ちなみに、360度見られるからといって、調子に乗ってグルグル頭を回していると激しく酔うので注意されたし。

まさに至れり尽くせりというカプセルホテル体験だったが、とにかく、ぜひ一度は宿泊してみてほしい。ここで紹介したもの以外にも細かいサービスがたくさんある。きっと、これまでのカプセルホテルへのイメージが変わるはずだ。

11月30日までオープン記念価格で宿泊可能。
「バリュー:4480円(正規料金4980円)」
「デラックス:4980円(正規料金5480円)」
「シアター:5480円(正規料金5980円)」

豪華カプセル安心お宿 プレミア荻窪店 >>
http://www.anshin-oyado.jp/ogikubo

(取材・文/太田史郎)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング