10年使えるLED電球で部屋の明かりは安心です

&GP / 2017年3月20日 21時0分

写真

10年使えるLED電球で部屋の明かりは安心です

省電力長寿命の照明として普及が進んでいるLED電球。白熱電球や蛍光灯より明るく、交換も数年に一度でOKなど、メリットも多いですね。ただ、使用環境によっては表記されている寿命より早く交換が必要になるケースもあるのも事実です。せっかく高価なLED電球を買ったのに、と感じることもあるのではないでしょうか?

この度、一般的なLED電球の約8倍という脅威の長寿命を実現したLED電球「タフらいと101(ワンオーワン)」シリーズが発売されました。

■24時間連続使用しても、10年以内であれば商品を取り替えOK

一般的なLED電球には“電解コンデンサ”という部品が使用されています。実はこの“電解コンデンサ”が、使用環境温度によって寿命を左右するってご存知でしたか? “電解コンデンサ”の価格自体は数十円と安価なものですが、この部品によって本来の寿命を待たずにLED電球がゴミになってしまうのが実情なんです。これってすごくもったいないことですよね。

led_170320_01

この“もったいない”が、「タフらいと101」シリーズの開発コンセプトです。有限寿命部品である電解コンデンサを使用せず、長期間の使用を実現。300万回のオンオフにも耐えられるその設計寿命は30万時間(約11年間)! 一般的なLED電球は4万時間と言われていますので、その差は約8倍!

led_170320_03

電解コンデンサを使用しないとはいえ、熱が製品に及ぼす影響がないとはいえません。「タフらいと101」シリーズは、その影響も最大限に考慮しています。放熱部には高級アルミニウム合金(a6063)を採用。高い放熱性と堅牢性を実現しました。熱を伝えるのに重要なLED基盤のサーマルインターフェースには、サーバーや車載部品などで使用される高熱伝導性のシリコン系ポリマーを使用。ゴミが付着しやすいフィン構造を用いない設計など、隅から隅までこだわり抜かれた電球なんです。

そうはいっても、やっぱり10年なんてもたないんじゃない? なんてお考えのアナタ、ご安心あれ。「タフらいと101」は、業界初の10年保証付き! 他製品などに見られる“1日20時間以上使用した倍は保証が半分”などの制限など一切なく、24時間連続使用しても、10年以内であれば商品を取り替えてくれます。これなら安心して使用できますね!

led_170320_05

「タフらいと101」は、シルバーの「タフらいと101 スタンダード」とゴールドの「タフらいと101 プレミアム」の2色展開。どちらも美しい光沢で高級感あふれるデザインです。価格は「スタンダード」が5378円、「プレミアム」が7538円です。

led_170320_04

「タフらいと101」シリーズを使えば、電球の交換時期が来たときに“この電球を買った時にはあんなことがあったねー”なんて思い出話に花が咲くかもしれませんね。

>> タフたいと101

 

(文/&GP編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング