べっこう色の羽根と高級木材を使った扇風機がリビングを上品に見せます

&GP / 2017年4月4日 17時0分

写真

べっこう色の羽根と高級木材を使った扇風機がリビングを上品に見せます

部屋に出しっぱなしの扇風機だからこそ、デザインにはこだわりたいもの。その点、パナソニックから5月20日に発売される“プレミアムリビング扇風機”「RINTO(リント)」は、素材、機能まで手を抜かないこだわりだ。

まず扇風機の基礎となる支柱には、世界三大銘木の高級木材「ウォールナット」を採用。その支柱を加工するのは、猟銃作り100年の歴史を持つ老舗「ミロク」グループ。グループの匠が材料調達から独自の「深孔加工技術」による削り出し、生地研磨、塗装まですべてを手掛けている。

また背面モーター部をコンパクトにして、背面を円錐形状にしたほか、表面からネジ・ビスが見えない工夫を施してある。べっこう色の羽根と艶やかな漆黒のボディの取り合わせは、懐かしさと愛着を感じさせ、気品の漂う佇まいだ。

羽根全体を流線型デザインにし、7枚羽根を採用することで、よりなめらかで心地よい風を実現。さらに、室温を検知する「温度センサー」を搭載。室温に応じて自動で運転オンオフや風量調整し、リラックス時や睡眠時などで賢く運転制御してくれる。

この美しい立ち姿は、まさに“プレミアムリビング扇風機”。こんな扇風機が部屋にあれば、生活のクオリティアップは間違いなしだ。

>> パナソニック「RINTOリント)」

 


[関連記事]
1万円で買えるお得家電! サーキュレーターになる扇風機が快適です!

除菌、防カビ、脱臭まで!一年中使える空気清浄機能付き扇風機

涼しい風が気持ちいい!家やオフィスで便利な扇風機5アイテム
(文/&GP編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング