【世界のカフェ】何回も通いたくなるアートな空間が溢れるカフェ / トルコ・イスタンブールの「ミム・カフヴェ」

GOTRIP! / 2019年3月5日 8時30分

トルコ最大の都市、イスタンブール。この街の魅力は、長く深い歴史、それに伴って残された数々の世界遺産、ヨーロッパとアジアをわけるボスポラス海峡、人々の温かさ、美味しいトルコ料理、お祈りの時間にモスクから聞こえるアザーンにあわせて空を舞うカモメ・・・

イスタンブールの魅力は数えだすときりがありませんが、実はこの街はカフェ文化発祥の地というだけあり、カフェの数が異様に多いのです。

数あるカフェのなかでもちろん当たりはずれもありますが、ここだけはなぜか何回も通いたくなる!と思わせるのが「ミム・カフヴェ」です。

実はこのカフェのオーナーは、何万人ものフォロワーを持つ有名なインスタグラマー。

アーティスティックな店内のデザインやデコレーション、ちょっとした置き物の配置などに彼らのセンスが現れています。

模様替えも彼らの気分によって頻繁に行われるため、何回訪れても飽きることなく、いつも新しい発見があるカフェなのです。店内丸ごとフォトスポットといっても過言ではないくらい、彼らのセンスに感心してしまいます。

また「ミム・カフヴェ」の魅力はアートな空間を楽しめるだけではありません。

エミノニュからスレイマニエ地区にかけて続く坂の途中にあるこのカフェからは、街の景色がよく見えます。

いかにもイスタンブールらしいモスクのクッベ(ドーム屋根)や、新市街のガラタ塔、ボスポラス海峡はもちろん、天気が良い日にはボスポラス大橋の方まで見渡すことができます。

さらに夜になるとライトアップされる街の様子も見えて、昼間とはまた違った雰囲気も楽しむことができます。

「ミム・カフヴェ」は堅苦しい雰囲気はなく、店員さんもいつも穏やかで親切です。

チャイ(トルコの紅茶)やトルココーヒー1杯だけでも気軽に利用することができるので、旧市街の観光途中に立ち寄るには絶好のカフェです。

イスタンブールを訪れる事があれば、店内のアートな空間とイスタンブールの景色を両方堪能できる「ミム・カフヴェ」にぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?

Post: GoTrip! https://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

名前 ミム・カフヴェ(mim kahve) エミノニュ店
所在地 Demirtaş Mahallesi, Demirtaş Mah. Deveoğlu Sk. No:10, Eminönü, 34134 Fatih/İstanbul
公式インスタグラム https://www.instagram.com/mimkahve/

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング