マレーシア・プトラジャヤにあるピンク色の可愛いプトラモスク(ピンクモスク)へ行ってみよう!

GOTRIP! / 2019年5月7日 6時30分

マレーシアの首都クアラルンプールから南へ車で40分ほどの場所にある行政都市プトラジャヤ。

その中心エリアに位置し、プトラジャヤ随一の観光スポットになっているのが、プトラモスク(Masjid Putra / Putra Mosque)です。バラ色の花崗岩を使用して造られたピンク色のドームが特徴的で、「ピンクモスク」とも呼ばれています。

プトラモスクは、マレーシアの国旗と13の州旗がはためくプトラ広場に面しています。奥に見える緑色の屋根の建物は首相官邸です。

ピンクモスクは、イスラム教徒でなくても、土曜~木曜 9:00-12:30、14:00-16:00、17:30-18:00、金曜 15:00-16:00、17:30-18:00の時間帯であれば、内部を見学できます(入場無料)。

入場は無料ですが、女性は髪の毛を覆うローブの着用が義務づけられているので、正面ではなく、向かって右にある入り口にまわりましょう。

そちらにあるローブカウンターで、無料でローブを借りられます。

ローブを羽織ったら、中庭を通って祈祷ホールへ。

祈祷ホールの中は土足厳禁なので、履き物を脱いで中へ入ります。

イスラム教徒でない見学者が入れるのは祈祷ホール1階の入り口付近(赤いテープの手前)まで。

テープの手前まで行き、天上を見上げると、美しいピンク色のアラベスクを見ることができます。

周囲のステンドグラスとの調和に思わず見とれてしまうほど。こんな眺めは世界中でここだけでしょう。

建物を出て、モスクの左側にあるエスカレーターを下っていくと、裏側からピンクモスクを見ることができます。青空へ向かって伸びるミナレット(尖塔)が美しいです。

この建物の1階には土産物店や飲食店がたくさんあるので、買い物や食事を楽しんだり、休憩したりできます。上写真はマレーシアの定番朝ご飯、カヤトースト。甘いミルクティー「テタレ」といっしょにいただけば、ローカル気分を味わえます。

プトラモスクはプトラ湖のほとりに建っているため、テラス席からはこんな美しい景色が。

プトラ湖を周遊するクルーズ(有料)もあります。時間に余裕があれば、湖上からピンクモスクを眺めるのもきっと素敵でしょう。

その美しいピンク色の外観と内部の写真が口コミで評判となり、近年フォトスポットとして人気も高まっているというピンクモスク。マレーシアを訪れたら、クアラルンプールから少し足を伸ばして、ここでしか見られないピンクモスクを見に行ってみませんか。

Post: GoTrip! https://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

名称 プトラモスク(Masjid Putra / Putra Mosque)
所在地 Persiaran Persekutuan, Presint 1, 62502 Putrajaya, Wilayah Persekutuan Putrajaya, マレーシア
入場料 無料
見学可能時間
土曜~木曜 9:00-12:30、14:00-16:00、17:30-18:00
金曜 15:00-16:00、17:30-18:00

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング